メンバープロフィール

第一弾は「博多にわ男」「博多にわ子」

メンバープロフィールをMENUに追加したので、よかったらどうぞ見てちょ。

まずは博多にわ男と博多にわ子のプロフィール。

今後少しずつ更新していくっす。

博多にわ男

山口エリア、北部九州エリアを中心に、釣りに狂っとる男である。

このブログの筆者でもある。年齢は不詳であるが、おそらく齢50を超える、まあまあのオヤジである。ウキが消し込む快感に魅せられているため、半誘導仕掛けを好む。(ただ単に全誘導ができないという噂もある。)棒ウキが好きで、最近のお気に入りはこちらのダイワさんからでている”ベガスティック”。

やむを得ず、ウキを沈めたりしなければならないときは釣研さんからでている”煌黒”を愛用。

博多にわ子

ナナメウキを使った全層釣りの名人”柴原啓二氏”を敬愛する女である。

そして本人もわりと上手い。

柴原氏が提唱する”体感ショック”に完全に魅了されている。渡船屋さんに行くと、乗船名簿に柴原氏の名前が載っていないかチェックするほど。ただし、唯一、柴原氏と一緒に撮ってもらった写真はピンボケしている。

愛用のウキはもちろん、”マグナスTP”と”レヴィウスTP”である。

博多にわ男は使いきらん。。。

ちょっとまじめに「博多二和加(はかたにわか)」って?

福岡市指定無形民俗文化財らしいよ。

相当に古い歴史をもつ郷土芸能らしく、即興で博多弁を使った会話の終わりにオチをつけて話す芸らしい。一人にわか、掛け合いにわか等、いくつか種類があるようだ。

お面をつけてやるものだそうだが、そのお面で有名なのが東雲堂さんの「にわかせんぺい」だ。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします。

最新情報をお届けします

おすすめの記事