事前妄想モード暴走により、撃沈した今回の釣行。

反省会会場に到着。

帰りの定期船の中、朝、同船した常連さんに事情聴取。

って、取り調べやないんやから・・・。

常連さんの釣果はというと、クーラー満タンのカマス。

素晴らしい釣果だ。

そしてさらに耳より情報が。

別の常連さんが、東波止の内海側で45cmのクロを釣り上げたとのこと。

なーにー!!

45cmのクロだと!?

そんなバケモンが波止で釣れるなんて・・。

東波止かあ。ちょっと遠いなあ。。でも、45cmと聞いたあかつきには、じっとはしておれんな。

東波止も頭に入れておかねばならん。

そんなこんなの情報をいただいた後、反省会をするために会場へ。

会場はこちら。

そう、みんな大好き『井出ちゃんぽん』。

反省会にはもってこいだ。

店の掲示に従い、我々は右側の指定席へ。

何で井出ちゃんぽん??とお思いの方。

ただ単にちゃんぽんを食いたかっただけだろうとお思いのあなた。

鋭い。

そのとおりである。

そして席へ着くなり、一応反省のポーズ。

不思議そうに店の人がお冷を持ってきた。

一応、反省が終わり、腹ペコだったのでちゃんぽんを注文。

疲れた体には、ここの旨味たっぷりのスープに野菜が山盛りのちゃんぽんがしみわたる。

美味しなのだ!

見よ!!この山盛り野菜!!

「ちゃんぽん界のエベレストやああ~^^」

って彦摩呂さんが叫びそうなビジュアル。

野菜のエキスが溶け込んだスープがウマウマなんだな、これが。

井出ちゃんぽんを食すときの心得

反省ちゃんぽん、食す時には心得がある。

その1

かける胡椒はブラックペッパーにせよ。

その2

ティッシュはそばに寄せておけ。

その1、ブラックペッパーは野菜の旨味に合う!

たっぷり野菜の山にブラックペッパーをふりかけ、その山を崩しながらペッパーをなじませる。

たまらんよ。

その2のティッシュ。

単に、熱々のちゃんぽんを食していると、鼻水がでるからである。

これは近くに置いとかなきゃな。

そして大事な三番目

その3

スープは飲み干すべし。

野菜の旨味がしみでたスープは飲み干さなきゃいかん。

以上、井出ちゃんぽんを食すときの心得。

しかし、これは本当に反省会なのか??

単なる食リポじゃあないのか??

そして、釣果の鯵は。

不本意な釣果であったが、鯵に罪はない。

ここは美味しく、酒の肴に仕上げなくてはならない。

今回は『カルパッチョ風のなめろう』にしてみた。

オリーブオイルの香りと大葉やミョウガの香りがとても良い一品。

本命のイサキではなかったが、鯵さんに感謝しながら、いただいた。

しかし、東波止、気になるなあ。。。

いつも応援有難うございます。よろしければポチっと応援のクリックお願いい申し上げます。
スポンサーリンク
下の『更新通知を受け取る』をクリックしていただくと、最新記事の更新通知をお届けできます。もちろん無料です。って、当たり前だろうがーー!!
おすすめの記事