UWAMONO釣師W氏の釣果情報。

今回は長崎県松浦市の調川港沖の切れ波止だ!

今週の届いた!W氏の釣果情報。

W氏の今回の釣行場所は長崎県松浦市にある調川(つきのかわ)港の沖にある切れ波止。

4000円で渡してくれるそうだ。

調川といえばチヌの有望ポイントとして知られているが、W氏の今回の狙いはズバリ、クロ。

天候が心配であったが、予想に反してピーカンの夏日。

常人であれば暑くてたまらない環境であるが、底無し体力の持ち主W氏は、このような環境下でも全力を出し切る。

調川の切れ波止は長い。

手のひらサイズのクロが多かったようだが、その中でも、チヌが釣れたり良型のアジが釣れたりと、楽しい釣行であったとのこと。

相変わらずバリも多くかかったようだ。

まだまだ海水温が高いのだろう。

最初、外海側に釣座をかまえていたW氏であるが、あたりが思うようになかったため、内海側へシフトしたとのこと。

これが功を奏し、釣果につながったようだ。

あたりは出だしたものの、なかなかサイズアップしない中、粘りの釣りを続けるW氏。

納竿の時間も近づく頃、

ズシッとくるあたり!!

かなりの重量感と下へ突っ込むあたりに、良型のクロであると確信。

1.2号のハリスであったため、慎重にやりとりし、無事タモへ。

その釣果がこちら。

お見事。

丸々と肥った、37.5cmの良型クロ。

見るからに美味そうである。

港から近い切れ波止で、このサイズのクロを釣ることができれば、グッドジョブ!!である。

さすが、さすらいの上物師。

このあと、炎天下のもと、W氏は16時の納竿まで頑張ったのだ。

釣果。

お連れのご友人は二人でチヌを5尾。

W氏はチヌ1尾に手のひら~37.5cmのクロの数釣りを楽しんだ。

その他には25cm前後のアジ。

そしてバリ(アイゴ)。

16時の納竿をむかえ、帰りの渡船を待つ面々。

やはり、本格シーズンにはもう少し水温が下がらないと突入しそうにはない。

だが、着実にその日は近づいてきている。

あと2週間くらいかなあ・・・。

W氏の釣果情報に触れて、調川も面白そうだな、と思うにわ男であった。

早く水温がさがらないかなあ・・・。

水温が早く下がるように皆さんのポチッと応援クリックをお願い申し上げる次第です。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします。

最新情報をお届けします

おすすめの記事