長崎県は平戸市、立場島への釣行。

午前5時30分出船。

今回の釣行は長崎県は平戸市に浮かぶ『立場島』への釣行。

ホントは阿値賀島に渡りたかったんだけど、強風の影響と、多くの先客で渡れる磯がないとのこと。

そこで立場島へ。

同行した仲間は

お馴染み、ダイワをこよなく愛する『炎のダイワマン氏』。

そして、ふかせ釣りで石鯛を仕留める恐ろしい魔術の持ち主で、全身クールなシマノ製品に身をかためた『磯の魔術師こと、シマラー氏』である。

早朝、渡船屋で待ち合わせをし、いざ準備にかかる。

ここだけの話であるが、炎のダイワマンさんは少しお腹が、のりピーであった。

港を出てほどなく、波がわりと高いことを実感する。

いつもより船が揺れる・・・。

船酔いにめっぽう弱いワシは、少し、口からのりピーになりそうであった。

立場島にも先客が多い。

上がれる磯は限られていた。

もう、みんな、釣好きねえ~。

磯泊まりのお客さんもいた。

とりあえず、空いていた磯に二人ずつ降ろしてもらう。

釣り場の様子

にわ男とにわ子が上がった磯。

暗いうちはまわりの様子がわからなかったので、どんな場所か判別がつかなかった。

GPSでみると、島の南西部のようである。

薄ら明るくなり、釣座を定めようと観察を始める。

小さいワンド形状になっている。

左隣では磯泊まりのお客さんがウキ釣りやルアーなどで頑張っていた。

にわ男
どーーですかーーー?釣れてますかあああ??

少し大声を出せば届くくらいの距離である。

「ぜーーんぜん、だめですよおおお!!」

ちょっとショックな返答。

釣座の様子もあまり良くない。

竿を出せそうな場所には、前面に大きなテーブル状のシモリ。

これでは魚をかけても取りにくい。

唯一シモリが切れている場所は、船着きのわずかなスペース。

そこから先も、大小のシモリが点在する。

まあ、仕方がない。

ここでやるのだ。

そう、でっかいお魚さんを釣るのである!

いざ実釣。

朝マズメ。

ワシの頭の中にはでっかいお魚さんしかない。

風とうねりもあるので、仕掛けはドッシリ仕掛け。

3Bの負荷に、ハリスは2号。3ヒロからのスタートだ。

数投すると、ウキにあたりが。

すかさずあわせをいれる!

手前にそいつは突っ込んでくる。

ペタッ・・・・・・。

やっぱり・・・・・。

前面の大きなシモリに張り付きやがった。

そこからワシは運動不足の体に鞭をうって、右へ右へ、岩の上を飛び、竿を斜めに引っ張りながらなんとか引きずり出そうと試みる。

すると

ポーーンッ

とかる~くなり、そいつが顔を見せた。

バッドラックを連想させる魚である。

こいつが釣れるとあまり良い思いをしたことがない。

クロはいるのだろうか・・・。

少し不安がよぎる。

にわ子の様子を見てみよう。

にわ子はどうか。

夜が明け、日が昇るにつれ、風が一段と強さを増してきた。

強風である。

にわ子は左斜め前方からの強風と、でかいシモリによる根がかりに苦労していた。

かなり釣りにくい状況のようである。

にわ子
もう!またやあん!また根がかったあ!!

を連発している。

いったい何回糸を結び直していただろうか。

そんな状況の中でも、何かしら釣るのがにわ子である。

しかし、やはりこいつも食ってきた。

あまり嬉しくない魚である。

ところが、これ以降、流石のにわ子も強風とシモリへの根がかりに翻弄され、かなり苦労する。

一方、ワシはというと、次なる敵に翻弄される。

アジゴである。

バシャバシャと水面をたたくほど、沖にアジゴが大量発生。

仕掛けがなじむ前にエサがとられてしまう。

こちらも左斜め前方からの強風と前面のシモリ、それに加えてアジゴの大群という敵に包囲され、段々とお手上げ状態になってきた。

見えない敵に翻弄される・・・。

いかん・・・。

このままではいかん・・・。

そう思い、仕掛けを工夫し続ける。

どこかにでっかいお魚さんがおるはずや。

そんな我々の釣果やいかに。

次回は後編をお届けする。

でっかいお魚さんと出会えるように、ブログランキングの応援をポチッとお願いします。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします。

最新情報をお届けします

おすすめの記事