二神島(長崎県平戸市)への初釣行。渡船「飛鳥」にて出発!

ほぼ徹夜状態の博多にわ男。しかし初釣行の磯に心は弾む。

釣友である炎のダイワマン氏から「二神島に行くぞー。」と、連絡が。

何ですって~!

二神島とな?

未だその地を踏んだことがない磯である。

「行くっす!!」

大物が潜むと噂の二神島。

そりゃあ、行くに決まっとる。

午前3時、佐賀県唐津市鎮西町の名護屋港に到着。

ほぼ徹夜状態のワシはかなり眠い。

今回のメンバーは

炎のダイワマン氏

赤い走り屋さん

博多にわ子

博多にわ男

の計4名。

ただ、ここで『赤い走り屋さん』にひとつの変化を発見。

その名の通り赤いスポーツカーに釣道具を乗せて、ドリフト走行をしまくるファンキーな方であったのだが・・・、何と!何と!

トレードマークの赤いスポーツカーから、黒いワンボックスカーにチェンジしていた。

これではドリフトできない。

あかんやん・・・。

赤い走り屋さんは、常にドリフトしてなきゃ。

まあ、それも気になったが、もっと気になったのが釣道具を置いた港に存在する看板。

何の看板だ?

ちょっとピンボケしてるけど、ピッツア&ホットコーヒーの看板。

こんあ人気のあまりないところに、洒落た看板である。

きっとこれは渡船の船長が経営している店に違いない。

釣れなかった釣り人の腹を満たす作戦だな。

午前4時、名古屋港を出港。いざ二神島へ。

午前4時に港を出る。

ここからおよそ40分~50分。

少しうとうととしていると、釣り場に到着。

博多にわ男とにわ子は『南風泊(はやとまり)』という磯へ。

炎のダイワマン氏と赤い走り屋さんは『マナイタ横』という磯へあがった。

あたりはまだ暗い。

月明かりが明るかったため、多少は様子がわかったが、夜が明けるまでは何もできない。

マナイタ横にあがった炎のダイワマン氏。

早朝にもかかわらず、燃えていた。

釣りには人一倍燃えるのだ。

おおおおお!燃えてるぞ!!!

ん???

赤い走り屋さんは何処に行ったかな??

おやおや、こんなところに。

ひょっこりはんやないですかあ(笑)

二人とも早朝なのに、元気である。

二人ともなかなかの体力の持ち主。

にわ男はダメだ。

眠さに負けそうになる・・・。

眠いけど、初磯だからな。

頑張って釣るぜ!!

眠い目をこすりながら、夜明けを待つ。

さあ、二神島での釣りはどんな展開が待っているのか。

頑張って続編を編集するぜよ。

眠いにわ男に、喝ッ!!!の応援をお願いします。下記ボタンをポチッとお願いします。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします。

最新情報をお届けします

おすすめの記事