二神島の夜が明ける。磯から見える大海原にワクワク。

我々がのった『南風泊(はやとまり)』での釣りの様子。

空が白んできた。

いよいよ決戦の火ぶたは切って落とされた。

二神島・・・雰囲気ありありである。

我々がのった南風泊の様子がこちら。

360度、自動映像でどうぞ。(カーソルを合わせてクリクリと回せたりもするのでどうぞ。)

二神島 南風泊4 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

360度カメラって、便利だな。

1回シャッターを押すだけで、周りの風景撮れてしまう。

人間の考えるものってすごいな・・・。

ま、とにかく磯の様子がこれ。

二神島 南風泊2 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

どうでっか、この雰囲気。

いかにもお魚さんがうじゃうじゃ居そうな感じだろ。

まあ、いつも釣り始める前はそう思うのだがな。

釣り始めのポジティブな思考は大事である。

この初めの時間だけは、ワシの頭の中に海中のでかいクロ(メジナ)の姿が、くっきりと映像に映し出されている。この時間だけは・・・。

さあ、仕掛けを整えて、戦闘開始である。

釣座は船着き。

その他の場所は、シモリが厳しく、取り込みが難しそうだ。

ワシはいつも通りふかせ釣り。

にわ子はジグをつけて投げ込んでいる。

波をかぶろうが、めげずに何度も何度も大海原に向けてキャストしている。

しかしなかなかお魚さんからの連絡はない。

ワシのほうも、ウキにアタリは出るものの、魚の口にかからない。

食いが渋いのだろうか・・・(しかし、この原因が納竿の時に明らかになるとは、この時思いもしなかった。)

明らかに、ウキが消し込んでいる。

しかし、かからない・・・。針の大きさを落としてみる・・・。かからない・・・。

食っては吐き出しているようである。

んんん~。なかなか難しいなあ。

ようやく、ワシの竿にお魚から連絡が入る。

食いが渋いようなので、ラインに明確なアタリがでるまでしっかりと食い込ませ・・・

鬼合わせ!!

しっかりとのった!!

しかもなかなかよい引きをみせてくれる。

やっぱりいいなあ!

うんうん、釣りはいい!!

いい感じに竿が曲がってまっせ~!

久しぶりのクロの引きを、じっくりと味わいながら寄せる。

タモに収まったのは35cmの良型クロ。

楽しか~。クロ釣りは良かばいね~。

一方、にわ子は何やら怪しげな動き。

キャストし続けるが、お魚さんからの連絡がこないにわ子。

何やら怪しげな動き。

どうやら、必殺技で魚を釣る作戦らしい。

気を練ること10分。

ついにその技が炸裂した。

出た!!

かめはめ波である。

この技はお魚さんが気絶をするので、禁じ手とされる技である。

卑怯だぞ、にわ子!

そんな技を繰り出した後、にわ子がドヤ顔でワシの方に向かってきた。

手には美味しそうな魚を持っている。

さも、「あなたとは腕が違うのよ!」と言わんばかりである。

違う。

腕の差ではない。

禁じ手の技を繰り出したから釣れたのだ。

決して腕の差ではない・・・。そう思いたい・・・。いや絶対に違うのだ・・・。

ところがその後もにわ子のドヤ顔は続くことになる。

絶好調のにわ子はこいつも釣ってしもうた。

美味いやつ。

しかも良型ときたもんだ。

やっぱり今日も全てにわ子にもっていかれるのだろうか。

ここのところ、ほぼMVPはにわ子である。

ところが、この後、さらなる事件が勃発することになる。

しかもここ南風泊と炎のダイワマン氏達がのった『マナイタ横』両方で勃発するのだ。

次回!

両方の磯で大騒ぎ

をお送りする。

二神島は楽しい釣り場だなあ。魚影の濃さにご賛同いただけましたら、下記応援のポチを!!

下のボタンを押してブログを応援いただきますと、きっとこれから良い釣果に恵まれること間違いありません!よろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ


にほんブログ村


磯釣りランキング

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします。

最新情報をお届けします

おすすめの記事