再び二神島の南風泊(はやとまり)でにわ子が釣る!

やはり大物賞はにわ子がもっていった。

アタリも途切れがちになってきたころ。

ワシの隣でジグを投げていたにわ子が冗談のように叫んだ!

キタアアアアア!!!!

またまた~。

冗談もほどほどにせんとあかんでえ。

んんんん????

ほんまや!

ほんまにきとるやんけ!

にわ子の竿がぶち曲がっとる。

大ファイト開始である。

お魚さんも必死で抵抗している。

ライズ!!

いわゆる「エラ洗い」だ。

で、でかい!!

ヒラスズキだ。

タモに収めようと、ワシは頑張ってみるが、でかいのと、エラ洗いのジャンプでなかなかタモに入らない。

慎重に際に寄せる。

ヒラスズキは抵抗しながらも、口を天に向け始めた。

タモに入った!

ワシ・・・タモ係。

やはり、いいとこはにわ子にもっていかれる。

この日一番の大物は間違いなしだ。

しかもヒラスズキであるからにして、美味いに決まっとる。

大きさを測ってみよう。

70cmの丸々とした魚体。

肉厚で美味そうだ。

釣りあげたにわ子のドヤ顔は言うまでもない。

しかも釣った釣り人は、本当によう喋る。

このあと、美味しくいただくために、しっかりと血抜きをして神経締めしたのさ。

もちろん、ワシが・・・。

ワシはタモ係と処理係さ・・。

段々と卑屈になってきとるな。

それもそのはず。

このあと、ワシが釣った魚種はこいつだけやもん。

バリが連チャンで食ってきた。

バリには申し訳ないが、本命は君じゃあない。

でも、この海は楽しい。

様々なお魚さんとの出会いが期待できる。

こうして楽しい時間は終わり、納竿の時間をむかえた。

総合釣果は次回。

編集後に発表じゃ!

見事ヒラスズキを釣り上げたにわ子に応援のポチッとクリックをお願いいたします。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします。

最新情報をお届けします

おすすめの記事