長崎県平戸市生月の磯、中江の島の釣果。

いつものように

釣れた魚をいつものように活かしバッカンで活かしたまま自宅へ。

エアーを入れてやれば、寒い時期は自宅まで超元気に活きている。

釣行日は疲れているので、帰宅後は魚の処理をしようかどうか、迷うときもあるが、せっかく釣れてくれたお魚さんたちである、きちんと処理せねば。

まずは、眉間にフィッシュピックを刺し、半締め。

エラを切り、血抜きである。

しっかりと血が抜けるとご覧のように、血の池地獄ができあがり。

ヒエエエエエーーーーー!!

血がすっかりと抜けたあとは、ワイヤーで神経を締める。

こうしておくと、刺身が美味しくできるって算段。

ほんで

博多にわ男家の釣果がこちら。

なかなか、良い魚がそろってるっしょ。

とはいえ

ほとんど、にわ子が釣った魚だけどな・・・。

美味しい魚の勢ぞろい。

アコウは新鮮なうちに刺身で食するやつと、しばらく熟成させて刺身で食するやつと、食べ比べてみることにしよう。

クロは締めてすぐに刺身だな。

アラカブは唐揚げにするか、みそ汁にするか、迷うとこですな。

結果

40cmほどのアコウが2尾

30cmほどのクロが3尾

20cmほどのアラカブが3尾

という釣果。

あ~・・・

でかいクロが釣りたかったぜ。

まあしかし

海の恵みに感謝である。

本日もご訪問いただき、有難うございました。

釣って、料理をして、美味しく胃袋におさめて、我家の釣りは完了します。釣れてくれたお魚さんたち、有難う!釣好大全九州ではブログランキングに参加しております。よろしければ下記のボタンをクリックしていただき、応援していただければ幸いです。よろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ にほんブログ村 磯釣りランキング
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします。

最新情報をお届けします

おすすめの記事