佐賀県唐津市肥前町の晴気エリア釣行。

灯台下

令和2年2月15日、さすらいの上物師W氏の姿は、ホームの晴気港にあった。

いつものように、同行者には晴気を知り尽くす男、Mr.晴気氏。

W氏一行はいつもの世宝丸に乗り込み、灯台まわりに渡礁をもくろんでいたようだ。

灯台には先客があったため、一行は灯台下に。

W氏のもくろみは、『のっこみ』のはしりのチヌ。

このあたり一帯はチヌの魚影が濃い。

チヌとの強烈バトルは、釣師を虜にする。

海にワニはいない・・・。

安心して釣りに専念してほしい。

しかしこの釣り場、コンクリートで整備されてて、足場はすこぶる良さそう。

この場所だったら、足腰が弱っているワシでも、苦痛なくあがれそうだ。

晴気をホームとするW氏によると

チヌの『のっこみ』が早めにきそうとのこと。

期待できるではないか。

釣りをやらない方には『のっこみ』ってなんだあ??

って思う方もいるかと。

『のっこみ』とは

ちがーーーーう!!

それは

『のっとり』やあ!!

しかも、超~悪いやつやあ!!

ダジャレはこれくらいにしといて

『のっこみ』というのは、魚が産卵期に入り、産卵のために浅場に入り込み、体力をつけるために餌を荒食いする時期のことである。

つまり、この時期に入ると、魚は捕食スイッチがバリっと入るのだ。

しかも浅場にくるから、釣りもし易い上に、デカイやつが期待できる。

歳無しと称される50cmオーバーのチヌも夢ではないのだ。

場所にもよるが、

チヌの場合、この『のっこみ』は、北部九州だと、例年3月初めくらいである。

さあ

そんなチヌを狙ったW氏の釣果をみてみよう!

釣ってますなあ!!

最近、釣果に恵まれないワシは、羨ましい光線バリバリである。

この他にも

デカイ真鯛の下になって写っていないが、本命のチヌもいる。

大漁ですな。

真鯛も美味そうだが、カワハギが超美味そう。

イラ・・・

イラってどうやって食うのだろう・・・。

ワシは食べたことがないので、味がわからないが、たぶん・・煮付けかな・・。

とにかく

大漁おめでとう!!

晴気エリアの状況としては、この他にも灯台の先客がチヌを10枚ほどあげていたそうだ。

いよいよのっこみシーズンですなあ!!

本日も最後までご覧いただき、有難うございます。

クロ好きの私としては、もう少しクロを釣りたいので、チヌはもう少し我慢します。さて、釣好大全九州ではブログランキングに参加させていただいております。皆さまの応援が頼りです。お手数ですが下記のボタンをクリックしていただき、応援してくださると幸いです。よろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ にほんブログ村 磯釣りランキング
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします。

最新情報をお届けします

おすすめの記事