まだ少し早いと思ってはいたが、山へ調査に。

山菜の季節がやってくる。

春はもうそこまで来てますぜ。

海ではチヌがのっこみの気配を感じさせている。

この時期になってくると、ワシは釣りともうひとつ気になるものがある。

『山菜』である。

美味いものに目がないワシは、春の山菜を毎年楽しみにしているのである。

昨年も山菜は豊作であった。

ふきのとう、わらび、タラの芽、こしあぶら等々。

これらの中で、特に好んで食するのが、『こしあぶら』である。

九州ではどうもあまり馴染みがないのか、山奥に住んでいる親類に聞いても、知らないという。

しかし、この、こしあぶら、

香りが豊潤で、天ぷらやおひたし、混ぜご飯などにすると、メチャ美味である。

特に天ぷらは絶品!

まだまだ時期的には早いのであるが、今現在どのような状況なのか気になり、山へ調査に向かった。

こしあぶらの枝の先端。

新芽は全くでておらず、まだまだこれからですな。

こちらも、あちらも、まだまだ。

こしあぶらは、春に芽吹く新芽の部分を食す。

新芽をポきっと手折ると、独特の香りを放ち、たまらない。

芽吹き始めると、一気に成長するので、観察しておかないと、食べごろを逃すことになるわけ。

この冬は暖冬傾向にあったので、芽吹きが早いかと予測していたが、この状況を見る限り、まだまだ、あと1か月後くらいといった感じかな。

3月中旬~下旬にかけて、注意深く観察しておこう。

山へ観察に行った際

近くに湿原があったので、写真撮影。

霧の中の湿原である。

春の山菜採取は期間が限られているので、その間だけの楽しみ。

山菜が採れ始めると、

ああ、春だなあって感じかな。

タラの芽の天ぷら、こしあぶらの天ぷら、わらびの漬物、うどの天ぷら、ん~、待ちきれないぞ。

海の恵みや、山の恵みをいただくこの至福。

たまらんよなあ。

んんんん????

ところで

本日のブログはわりと真面目ではないか???

よいよい。

たまにはこんな記事も良いと思うんだが・・・。

本日もご覧いただき、有難うございました。

春の訪れはもうすぐそこにきてますねえ。山菜、ホントに楽しみです。釣好大全九州ではブログランキングに参加させていただいております。よろしければ下のボタンをクリックしていただき、応援していただけますと幸いです。よろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ にほんブログ村 磯釣りランキング
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします。

最新情報をお届けします

おすすめの記事