長崎県松浦市の『鷹島』の磯釣行続編。

謎の貝事件

W氏とともに釣行した晴氣・鷹島エリアの続編。

餌を撒くとカモメがわんさか集合し、完全にカモメに餌付けにきた、カモメおじさんと化していた博多にわ男。

このままじゃあどうしようもないと、わかっちゃいるけど、魚が釣れないいつものにわ男であった。

そのとき

博多にわ子が

にわ子
な・な・何~これ~。変なものがくっついとる~。

何さ、何さ。変なものって・・・。

見ると、にわ子の道具入れに謎の『貝』が結んである。

誰かの道具入れと間違えて持ってきたか??

と思ったが、中身はにわ子の道具で間違いはない。

何で、何で~??

こんなとこにアサリが結んであるわけ??

これは・・・

もしや・・・

カモメさんたちの恩返しか??

餌をたっぷりと与えたお礼に、カモメがアサリを持ってきてくれたのか??

後に謎は解ける。

W氏がチヌの付け餌にアサリが効果あり、と、結んでいたのを伝え損ねていたのだ。

何だ~。びっくりするばい!

W氏、有難う。

ワシはカモメの恩返しかと思ったばい・・・。

そんな中、またまた事件勃発。

磯にあがれば何かへまをするワシ・・・。

リールを調整していた時。

スプール(リールの糸が巻かれている部分)がリールから、ポロリ・・・。

カランカラ~ン、ドボン!!

ぎゃあーー!!

スプールが海底に沈むーー!!

悲鳴とともに、ワシのリールの一部が海底に消えていった・・・。

調整した時に、しっかりとはまってなかったんだな・・・。

やってもうた。

幸いに糸とスプールは繋がっているので、糸をたぐればスプールは戻ってくる。

しかし

150m巻いている糸が・・・全て・・・出てしまう・・・。

仕方がない。

回収したが、糸は150m出て、かつ、めちゃ絡まっている。

もうーーー!!

ヤル気ナッシングやんかあー!!

釣り・・一時中断・・・。

150mの糸を手作業で巻き取りながら、絡まった糸を直そうとするが、元来不器用なワシは悪戦苦闘。

そのうちにイライラしてくる。

それを見ていたにわ子が

にわ子
ちょっとかして。そういうの得意やから。

うそーん。

いくらなんでも、こんな絡まった細い糸をほどくのは無理よ。

・・・・

うそ・・・ホントに・・・・??

にわ子の手にかかった絡まった糸は、みるみるほどけていく。

おお、神よ。

にわ子に忍耐と器用さを与えてくれて、有難う。

時間はかかったものの、にわ子が全部、綺麗にほどいてくれた。

有難う。

またまたこれで、ワシはにわ子に頭が上がらなくなってしまうことは自明の理である。

こうして夫婦のパワーバランスは保たれるのだ。

釣りを再開したものの、なかなか釣れない。

リールが無事に復活したわけであるが、釣りを再開してもなかなか厳しい状況。

にわ子もあの手この手で、仕掛けを色々変えて頑張るが、魚は釣れない。

カモメはいっぱいいるのにな。

あきらめムード満載の時、突然まぐれは訪れる。

ずっしりとした重量感がワシの竿を襲う。

きちゃったかもーーー!!

ぐいぐい引っ張るこのあたりは、チヌ(黒鯛)ーー!!

40cmほどの良型だ。

にわ男
釣れたよ!釣れた~!!

喜ぶワシににわ子の視線が刺さる。

にわ子
それ釣れたのって・・・誰のおかげ~??

ハイ!!

もちろん、にわ子様が絡まった糸をほどいてくれたおかげでございます!!

間違いございません。

感謝申し上げる次第です。

魚が釣れても、やっぱり夫婦のパワーバランスは変わらないのであった・・・。

いつもご覧いただき、有難うございます。

夫婦が円満であるためには、このパワーバランスは必須ですな・・・。さて、釣好大全九州ではブログランキングに参加させていただいております。よろしければ下のボタンをクリックしていただき、応援していただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ にほんブログ村
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします。

最新情報をお届けします

おすすめの記事