前回の続きでござる・・・。

別の波止場へ移動。

トンビに頭をど突かれ、ビビりながら糸を垂れていた、博多にわ男。

その後、魚からの反応はな~んにもなく、トンビの視線に怯え続けるはめに・・・。

一方、博多にわ子もジギング(魚の形をした金属で釣りをするやつ)で根魚を狙っていたのであるが、こちらも撃チーーーン。

「ワシの餌を早く釣らんかーい!」

的なトンビの視線があまりにも痛いので、場所を移動することにした。

ここでは、イカを狙ってる人が多かったな。

一応、過去に釣れている証のイカ墨跡もあった。

これを見たにわ子は喜んでいたが、ワシは心の中で

にわ男
もうしばらくイカは食いたくないぞ。今日はイカ釣り、やめといて~・・・。

と念じていた。

ここの波止場は地磯がとなり合わせの距離にあるという、素晴らしく環境の良いところだ。

ただひとつ難点は、水深があまりないこと。

魚・・・居るかな・・・。

一抹の不安を胸に、糸を垂れる。

先客の釣り人は、誰も釣れていない様子・・・。

1時間から1時間半ほど頑張ったかな。

いつもの釣れないワシがそこにはいた。

マジで、ウキ・・・ぴくりともしない。

小魚でもいれば、多少はウキもピクつくってもんだが、全く異常なし!

茶柱のように直立不動のまま、ぷかりと浮いたウキは動かない。

海に浮かんだ動かぬウキをず~っと見ていると、段々と催眠術にかかってくる。

天気は抜群。

気温は上昇。

完全に日光浴をするおじさんだ。

日光の力を借りて、体内にビタミンDを満タン生成したワシは、睡魔に襲われ始める。

ぽかぽかで、気持ち良いのだから仕方がない。

言うまでもない。

魚は釣れていない。

付け加えると、にわ子も魂が離脱していた。

釣れていない。

日光浴にをするためにやって来たのさ。そうさ、そうさ。

さあ、日光浴もできたことだし、頑張ってもう一回移動しますか。

最後に向かった波止場、その様子は次回。

では・・・。

本日もご覧いただき、有難うございました。

海のぽかぽか陽気は思考回路を停止させます。気持ちよか~。さて、釣好大全九州ではブログランキングに参加させていただいております。よろしければ下のボタンをクリックしていただき、応援いただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ にほんブログ村 磯釣りランキング
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします。

最新情報をお届けします

おすすめの記事