採取したこしあぶらを色々な料理で食したのだ。

採れたこしあぶら

まだ少しだけ気温差や日当たり、土壌の性質等によって、成長に個体差が見られたため、沢山というわけにはいかなかったが、そこそこ、料理できるくらいには採れたので、色々な料理に挑戦してみた。

料理に挑戦と言っても、ワシが料理したわけではなく、にわ子作ではあるが。

こちらが採れたこしあぶら。

上の写真がようやく食べられるサイズになった、こしあぶらの新芽。

これが少し成長すると、下の写真のようになる。

どちらも美味しいのだが、ワシは下の写真にある、少し成長した新芽のほうが、料理のバリエーションが増えるので、使い勝手がよく、好きである。

香りはどちらも独特の爽やかな香りがし、優劣つけがたい。

これらのこしあぶらを使って作った料理を紹介。

こしあぶら料理

まずは、いつもの定番、『天ぷら』。

これはもう鉄板料理である。

山菜料理で天ぷらは絶対に外せない存在だ。

おそらく、揚げ油と山菜の香り成分の相性がとても良いのだと思う。

粗塩を軽~くふって、いただくのがよろしい。

もちろん、天つゆでも良いのだが、香りを楽しむためには、粗塩が良い。

次は、にわ子特製の『こしあぶらご飯』。

さっと湯がいたこしあぶらを、細かくみじん切りにし、熱々の白飯にごま塩とともに混ぜ込む。

こしあぶらご飯に使うこしあぶらは、少し成長したこしあぶらの方が良いと思う。

みじん切りにするからな。

熱々の白飯に、こしあぶらの香りがふわっと香り、実に美味い。

塩気はシンプルにごま塩が合う。

次のレパートリーは『豚肉とこしあぶらの炒め物』。

味付けは塩、胡椒、ごま油、そして醤油。

アクセントで鷹の爪を入れて、少しだけピリッとさせる。

これは飯のおかずというよりは、ビールのつまみとして最高である。

豚肉の味わいにこしあぶらの香りが加わり、かつピリッとくるので、ビールののど越しが実に爽快なのだ。

もう、思い出しただけでビールが欲しくなるばい。

最後にちょっとだけ変化球。

『こしあぶらうどん』。

こしあぶらとモヤシ、エノキダケを少々の塩コショウで炒め、それに、醤油、酒、味醂で味付けをしてさっと炒める。

それを温かい讃岐うどんに豪快にドッキングさせるのだ。

ほのかに甘しょっぱい出汁とコシの強いうどん麺、それにモヤシやエノキ、そして、こしあぶらの食感+香り。

いくらでも食べられるぞ。

山菜のさわやかな香りは、麺のほおばる量を倍増させる。

これ、店のメニューにあったら、絶対に注文するな。

春はまだまだ美味い山菜が採れる時期。

色々な料理に変身させて、美味いやつをつくるばい!!

ま、

冒頭に記したが、料理するのはワシではないがな・・・。

本日もご覧いただき、有難うございました。

山菜を色々な料理に変身させてみましたが、いかがだったでしょうか。さて、釣好大全九州ではブログランキングに参加させていただいております。よろしければ下のボタンをクリックしていただき、応援していただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ にほんブログ村 磯釣りランキング
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします。

最新情報をお届けします

おすすめの記事