海の中は波止場の上からなかなか見えない。

どのタナにどんな魚がいるのか。

海の中は神秘。

釣り人は魚を釣る時、見えない海の中を想像しながら仕掛けや餌を考えて釣りをする。

自分の思い描いたところに魚がいるのか?

自分の考えているような動きをしているのか?

様々なことを想像の中で組み立てていく。

だって、海中の様子は見えないし、魚と好きな餌のインタビューはできなし、想像するしかないのである。

そこで

今日は少しだけ海の中で、魚はどんなところに、どんな深さに、どんな種類がいるのかのぞいてみようと思う。

撮影したのは佐賀県唐津市鎮西町の『馬渡島(まだらじま)』の大波止。

定期船が発着する波止場である。

Googleマップより
Googleマップより
Googleマップより

馬渡島へは佐賀県の呼子町にある発着所、または名護屋港の発着所から定期船に乗ることができる。

名護屋港からだと片道およそ25分。

運賃は大人ひとり870円である。

朝一便、午前8時35分発の馬渡島行に乗り、帰りは最終便、午後4時(季節によって多少変わる)に乗れば、一日離島での魚釣りを楽しめるという感じ。

なので、釣り人に人気が高い離島である。

早速、海中を見てみよう。

波止場の突き出た部分の波止際の様子。

どんな魚がいるのか楽しみ。

まずは水深1m~1.5m付近。

小魚がたくさんいるな。

映像があまり鮮明ではないので(ご容赦願いたい)、はっきりと判別できないが、スズメダイ、メジナ、ネンブツダイ、そして縞々のやつは何だろう・・・石鯛の幼魚かな?

なかなか豊かな海であることが想像できる。

少し深くなって水深は3m~4m付近。

おお!!

少し型が良いクロ(メジナ)が下の方にいる!

木っ端クロの姿も多くなってきたな。

右下にはバリ(アイゴ)らしき姿も見える。

しかしむちゃくちゃ居るな・・・。小さいけど。

こんなに居るってことは、エサが豊富な証拠だな。

もう少し深くなって、5m~6m付近。

ここに見えてくるのは、メバル君たち。

奥の波止場の空洞には、たくさんの小魚が見えるな。

普段はああいう陰に隠れているのかな?

そしてさらに深部へ。

海底付近である。

水深は8m~9m付近。

石鯛や!!

石鯛がおる!!

波止場の際に石鯛が数匹見える。まあまあのサイズではないか。

高級魚がこんなところに。

素晴らしいな、馬渡島の海は。

こうやって観察してみると、どれくらいの深さにどんな魚が群れているのかがよくわかる。

場所や潮によっても変わってくるとは思うが、なんとなく海の中にいる魚たちのことを想像できる。

少しだけ参考になったら嬉しいな。

今回撮影に使用した水中ドローン

期間限定値下げ 在庫あり 国内正規品 CHASING DORY (チェイシング ドリー) 【送料無料】 水中ドローン おすすめ 小型 初心者 カメラ付き 父の日 ギフト プレゼント 釣り キャンペーン セール

価格:49,800円
(2020/6/25 10:16時点)
感想(0件)

この水中ドローンはスマホで操作するんだが、androidとはあまり相性が良くないみたい。

アプリをダウンロードしても、うまく動作しない場合があるようだ。

iPhoneをお持ちの方で、海中を覗いてみたい方には良いかも。

本日もご覧いただき、誠に有難うございました。

海の中をのぞくって、楽し過ぎる!!さて、釣好大全九州ではブログランキングに参加させていただいております。よろしければ下のボタンをクリックしていただき、応援いただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ にほんブログ村 磯釣りランキング
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします。

最新情報をお届けします

おすすめの記事