長崎県平戸市生月町の波止場と地磯。

でかいやつはもう少し水温が下がってから?

10月の半ば、さすらいの上物師W氏は生月の波止場と地磯を攻めていた。

強風でなかなか思うような展開をつかめないW氏。

秋らしい気候になってからは、本命のクロの数は釣れる。

しかし、型がなかなか伸びない。

この日も最大で足裏を少し超えるくらいのサイズ。

30cmオーバー連発とはいかないようだ。

まだまだ水温が高いせいかもしれない。

ゲストできた魚。

本命ではないが、体高がある立派な『イスズミ』。

しかし、W氏は納得しないだろうな・・・。

なんたって、さすらいの上物師なんだから。

本命の良型を釣らなければ、さすらいの上物師の名がすたる。

だから、数は釣れても型があがらなければ、納得はしないだろう。

ところが、残念ながらこの日は手のひらサイズ主体の釣りとなったようだ。

時期的には今からといった感じであろう。

水温低下にともない、ひょっこり現れる良型に今後は期待しよう。

ちょうど同じ日、ワシは唐津で夜遊び。

W氏、すまぬ・・・。W氏が真面目に釣りをしていたその日、ワシは唐津の夜長を楽しんでいた。

釣れないことへの邪気払いと称し、唐津の居酒屋で日本酒をたらふく飲んだワシらは、その勢いで2件目に行っちゃったんだな・・・。これが。

店の名は『音楽酒場 明日があるさ』

店のネーミング、いいねえ。

この店、マスターと奥さんで営んでいる店なんだが、広い店内に抜群の音響設備と様々な楽器が並ぶお店なのだ。

しかも・・・めちゃリーズナブル。

脱サラしたマスターが、面白い人物で、独学でギターをマスターし、客のカラオケに合わせてギターを弾いてくれる。

そしてこの店で、ミュージシャン『博多にわ男』と『博多にわ子』が覚醒する。

見よ!!

この常人ではできないスティック捌き。

おおおお!!

手の残像が見えるぞ!!

速い、速すぎて常人には見えないぞ。

にわ子が歌い、それに合わせてワシがドラム。

酔いというものは恐ろしい・・・。酒が入っていなければこんなことはできんな・・・。

さらに・・・

恥の上塗りに、またさらに上塗り。

酒って・・・怖いな・・・。

旅の恥はかき捨てとはいうものの、これはかき捨て過ぎて、ごみ箱はもう満杯。

とーっても楽しい店であったが

素面の時に写真を見ると・・・背筋が凍る思いである。

あ~

恥ずかちぃーーー!!

本日もご覧いただき、ありがとうございました。

今回はダブルの話題でお届けしてみました。さて、釣好大全九州ではブログランキングに参加させていただいております。よろしければ、下のボタンをクリックしていただき、応援いただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
下の『更新通知を受け取る』をクリックしていただくと、最新記事の更新通知をお届けできます。もちろん無料です。って、当たり前だろうがーー!!
おすすめの記事