ふふふ。。。博多にわ男の秘技を披露しよう。

潮の流れは緩やか。

さて、長崎県平戸市の真立島釣行もいよいよ最終編である。

ワシ、博多にわ男の様子をお届けしよう。

ワシの仕掛け。

  • 竿:shimano極翔 1.5号 5.3m
  • リール:ハイパーフォース3000番
  • 道糸2号
  • ハリス1.5号
  • 針:グレ針4号(のちに5号)
  • ウキ:ダイワ ベガスティック遠投0号
  • 最初は錘なし。
  • 全誘導仕掛け

とこんな感じ。

潮の流れが緩やかだったことと、魚のいる層がわからなかったので、スタートは全誘導の仕掛けだ。

ただ、ワシの場合はウキが消し込むのを見たい派なので、アタリが見やすい棒ウキを使用している。

たまには釣れてるところを見せちゃうぞ!

うむうむ・・・。

聞こえてくるぞ・・・。

読者諸氏の声が!

「仕掛けがどうのとか解説しているが、どうせまた釣れなかったんだろーー。」

「にわ男に魚は期待してないぞーー!」

・・・・。

こらーー!!

ワシだって、ワシだって、

たまにはこんなカッチョいい感じになるんだぞ!!

ほ~ら釣れた!

釣れた瞬間だぞ!

ワシだって釣るんだから。

って、これは

キタマクラやないかーーい!!

毒魚じゃねえかよーー!!

んん??

そんなオチはいらないって?

仕方がないなあ、もう。

本気の秘技を出しちゃうよ~!!

どうじゃあ!!

秘技『合成写真』じゃあ!!

こら!

後ろのにわ子、笑いをこらえてんじゃないよ!

では少しだけ名誉挽回。

真立島では、一発大物は難しいようだが、30センチクラスであれば、ぽつぽつと釣れてくるぞ。

あ、一発大物ってのは、クロのことね。

その他の魚種では大物もいるかも。

現に、にわ子が大物をラインブレイクで逃しているからな。

それでは少しだけ、ワシの名誉挽回画像。

ちゃんと竿を曲げてますがな。

引きを楽しみながら、魚をよせてくる。

よかね^^

なかなかの良型ばい^^

この日のクロの最長寸は33センチ。

あとは足裏サイズがぽつぽつと、コンスタントに釣れてくる感じであった。

気づけば、ライブウェル(魚を活かしていれておくケースのこと)の中はこんな感じに。

これらの中から、大きめのものを持ち帰り。

これ全部は食べきれないからね。

持ち帰った魚たち。

ブルーの瞳が可愛いな。

この時点では、まだ魚たちは元気に生きている。

今回の釣り納め釣行。

本当は阿値賀島あたりに行きたかったのだが、釣り人が多くてとても磯にあがれそうになかった。

そこで真立島ということになったのであるが、湾内に近いとはいえ、30センチクラスがこれだけ釣れるのであれば、意外と悪くないかも。

しかも渡船代が安いしね。

阿値賀島が5500円なのに対して、真立島は3000円。

安いよね~。

3000円でこれだけ遊べるのであれば、悪くないと思うよ。

ゆっくりと釣りたい方は、選択肢のひとつに入れてもいいかもしれんぞ。

今回の渡船の紹介。

渡船:浜本釣りセンター

住所:長崎県平戸市堤町2516

電話:0950-27-1032

*釣りが終わった後に、女将さんがお茶を出してくれるのだが、その時、お茶うけに出る『塩羊羹』がめちゃ美味い。

本日もご覧いただき、ありがとうございました。

釣り納めいかがでしたか?さて、釣り始めはいつにするかな(笑)。釣好大全九州ではブログランキングに参加させていただいております。よろしければ下のボタンをクリックしていただき、応援いただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
下の『更新通知を受け取る』をクリックしていただくと、最新記事の更新通知をお届けできます。もちろん無料です。って、当たり前だろうがーー!!
おすすめの記事