長崎県壱岐市の波止場。チヌはのっこんでるぞ。

上から徐々に探っていくと・・・。

玄界灘に浮かぶ壱岐では、チヌののっこみが完全に始まってるぞ。

本当は、無理だろうと思いつつも、産卵から回復したクロが少しでもいないかと竿を出してみたのだが、クロの反応は薄い。

というか・・・ない。

それならばと、チヌ狙いに変更。

岸壁からの釣りだったので、水深はかなりあるはず。

しかしどの層にチヌがいるのか難しい判断だったので、上の層から徐々に深い層へと仕掛けを送り込んでみた。

仕掛けは5Bの負荷をつけた半誘導仕掛け。

必殺の『ダイワベガティスど遠投』細軸の棒ウキ仕掛けだ。

道糸1.75号、ハリス1.75号にグレ針の6号を付けた。(チヌ針、もってきてなかったんだよなあ・・・。)

3ヒロから徐々に深く探っていき、竿2本ほどのたなを探っていたとき

ウキが消し込む前あたり。

その後、ウキが浮いてきて、再びじんわりとウキが沈む本当たり!!

にわ男
これ・・・じぇ~ったいに・・・チヌや・・・。

ウキが完全に消し込んみ、完全に食わせ込む間をとるために、ひと呼吸おく。

そして一気に合わせる!!

きたじぇーーー!!

竿から伝わる重量感。

この重さ・・・チヌやろーー!!

チヌは必死の抵抗を試みる。

これが楽しいんよねえ。たまらんのよねえ。

お魚とのやりとり、最高じゃあーー!!

そしてたもにおさまった、銀鱗の勇姿。

かっちょいいーー!!

チヌの姿はかっちょいい。

体高もあって、見事な魚体である。

体色はまさしく銀!

居付きではなくて、回遊性のチヌだろうな。

美しい。

しかも腹がパンパンで、完全にのっこみのチヌである。

んんん???

誰だ???

にわ男の腹もチヌに負けないくらい、のっこんでるぞ!とか言ってるのは!!

まあ、日頃の麦ジュースでのっこんでますけど・・・なにか・・・。

このチヌ、大きさは45㎝ほど。

いいねえ。

壱岐のチヌ・・・のっこんでまっせーー!!

このあとも・・・。

このあとも、2~3投すると、チヌのあたりをとらえる。

型も同じくらい。

あまり沢山釣っても食べきれないので、3尾チヌを釣ったところでチヌ釣りは終了。

のっこみの時期は、腹にたくさんの卵をもっているので、必要以上の釣りはよろしくない。

しっかりと産卵してもらって、またたくさんのチヌが育ってほしいからな。

釣らせてもらったやつは、もちろん、全部美味しくいただくぞ。

のっこみの時期のチヌは、真子や白子に栄養がいくためか、その身はあまり美味しくないので、刺身というよりは生でいただく場合には、漬けにしたりして味をつけたほうが良い。

また、蒸したり、焼いたりして、火を通して味付けをしたほうが良い。

さてさて、どうやって食うかな。

帰ってからのお楽しみだ。

本日もご覧いただき、ありがとうございました。

のっこみですねえーー!!チヌのひきは楽しいですよ。さて、釣好大全九州ではブログランキングに参加させていただいております。よろしければ下のボタンをクリックしていただき、応援いただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
下の『更新通知を受け取る』をクリックしていただくと、最新記事の更新通知をお届けできます。もちろん無料です。って、当たり前だろうがーー!!
おすすめの記事