タイトルを見て、なんのこっちゃ?と思ったあなた。

ここからその真実を知ることになる。

的山港に見切りをつけて、大根坂漁港に釣り場を変更した。

波止場の周囲には磯場もあり、雰囲気はありありの場所だ。

地図を見る限りでは潮通しも良さそうなところ。

ところがどっこい。

波止場の先端に釣座を構えたのだが、ここも的山港同様に潮が全く流れていない。

ワシはふたひろのタナからふかせ仕掛けで始めたが、付け餌すらとられない状況がしばらく続いた。

ふたひろのタナから竿2本半くらいまで探った。

それでも付け餌が残る。

にわ男
こりゃあ、魚がおらんばい。こんな付け餌が残るなんてありえん!

にわ子はというと、仕掛けを一生懸命作っている。

何ちゃらノットなる結び方をマスターしたにわ子は、ワシの釣果など気にする様子もなく、仕掛けを作っている。

そうやってひとつひとつ、ワシを置き去りにしていくわけやな・・。

ワシは電車結びしかできん!

シュッシュッポッポである。

何ちゃらノットは結び目がかっちょいい。

電車結びとは違う。

その違いが悔しいなあ・・。

まあ、しかし、にわ子もジグを何等も投げ続けるが、同様にあたりが少ない。

ところが、あたりが少ないなりにも、ポツポツと魚を釣り上げるのである。

付け餌すらとられないワシは悔しさが倍増する。

そして一人前ににわ子は解説までしだす。

ジグの流れ具合で、潮の流れまでわかるようになったらしい。

にわ子
潮が流れてないねえ。これじゃあ魚の活性も悪いよ。時合がくるまで我慢せんとダメよ。

的を得た解説であるが、何故か悔しさがにじむ。

何故だろう。

これは常に先を行くにわ子への嫉妬だな・・・。

潮が流れない中、若干の変化を見つけて仕掛けを入れ続けるにわ男

すっかりジグの扱いに慣れて、小さいながらも魚とのコンタクトに成功しているにわ子を横目に、ワシは必死に仕掛けを投入し続ける。

遥か沖目に、かすかながら潮の変化を発見する。

そこに撒き餌を集中させ、仕掛けを送り続けると

初めてウキに動きが!

ついにワシにも来たか!

と思ったが、たいして重みのないひき。

それもそのはず、このサイズのお魚さんであった。

釣りの流れとしては最悪である。

しかし、仕掛けを入れ続けるしかワシには道が残されていない。

タナを調整しながら、お魚さんを探し続ける。

その時である。

ジワ~っとウキが沈み始めた。

おおおおお!この沈み具合は、でかい奴の沈み具合だ!!

慎重にラインにはりをもたせ、ラインで魚の食い込み具合を聞く。

その時、

指先にバシバシッとラインを弾く感触!!

すかさずあわせを入れる。

ズンッ。

魚が針がかりをして、完全に竿に乗った感触だ。

竿をしっかりと立てて、魚を寄せにかかる。

しっかり目に締めたドラグからジリジリとラインがでていく。

ワシは思った。

にわ男
完全に40オーバーや。ついにやっちまったぜ。でかいクロ、釣ってしまったぜええ!!!

時折、下へ突っ込むひきを楽しみながら、スットブレーキを駆使して魚をよせる!

これ、マジででかいぜ。

完全に確信していた。

やり取りの末、浮いてきた魚。

んんんんん???でかい真鯛か??

いやいや、銀色??

でかいチヌかなああ??

でもなんか違うような・・・

へーちゃん(ヘダイ)やないかい!!

へーちゃん・・・・・なぜあなたはへーちゃんなのですか??

「私はヘダイに似たクロですよ」

と笑って言ってはくれないのですか?

ワシの心はズタボロよ・・。

海の状況がよろしくないとはいえ、へーちゃんはないでしょ。

しかも釣果はこれだけ・・。

悲し過ぎる。

せっかく的山大島までフェリーに乗ってやってきたのに。

こうなったら、そそくさと引き上げて、本日の宿でやけ酒に浸るしかないではないか。

というわけで、この日はジ・エンド。

悲しみに打ちひしがれ、宿へ向かったのであった。

チーーーーーーン・・・・・。

へーちゃんしか釣れなかったにわ男ですが、皆様の愛の応援ポチッとクリックをお願いします!!
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします。

最新情報をお届けします

おすすめの記事