場所の詳細は内緒・・・。山菜のありかは秘密だ。

佐賀県某所とだけ

ここは佐賀県某所。

春が近づくと、楽しみなのが山菜取り。

2週間ほど前に一度、山の様子を観察してきたが、その時はまだ新芽がでる様子もなかった。

そこで今回は再調査。

春を探しに山へでかけた。

ただし、場所の詳細は秘密なのだ。

なぜなら、山菜のありかは、お宝なのさ。

場所がわかってしまうと、あっという間に他の人に採られてしまうのだ。

まずはタラの芽

うんうん、いい感じ。

新芽が膨らみ始めてるな。

もう少ししたら、美味しい美味しい、タラの芽の天ぷらが食べられるぞ。

小料理屋なんかで食べると、高いもんね。

自分で採取すれば、ただだよ~ん。

なかなか立派なサイズのタラの木も発見。

山菜を採るときは、新芽を残して採ってほしいもの。

一気に全部採ってしまうと、木が枯れてしまう。

段々とタラの木も減ってきているので、山菜を採る方は是非自然を守りながら採ってほしいものである。

続いては

こしあぶらの木。

こちらもぷっくらと、新芽が膨らみ始めている。

いいね、いいねえ。

これも天ぷらが最高っす!

あとは、さっと湯がいたこしあぶらをみじん切りにして、炊き立てご飯に混ぜ込むのも美味し!!

あ~、楽しみだ~。

立派なこしあぶらの木だ。

こしあぶらの木は別名『とうふの木』とも呼ばれ、その所以は木の幹や枝がとても柔らかく、こんなに高い木であっても、幹の部分からグニャリと曲がるので、採取しやすい。

待ち遠しいぜ!!

しかし、これもタラの芽と同様、新芽を全部採ってしまうと、木が弱って枯れてしまうので、節度をもって採取したいものだ。

春はもうすぐそこまで来てるなあ!

本日もご覧くださり、有難うございます。

春はいいですねえ、やはり。海もいいけど、山も良い。釣好大全九州ではブログランキングに参加させていただいております。お手数ですが、下のボタンをクリックしていただき、応援をお願い申し上げます。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ にほんブログ村 磯釣りランキング
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします。

最新情報をお届けします

おすすめの記事