強風の中、ショアジギングに初挑戦したふたり。

しかし、開始30分でジグをロスト。

初のショアジギングで根がかりの洗礼を受けたにわ男とにわ子。

新品のジグとお別れをした後、悲痛な面持ちで途方に暮れる。

なしてかね~。

せっかく生月まで来たのにね~。

このまま帰るにはもったいない。

しかし、こんなこともあろうかと、前回のダゴチンの残り餌を持ってきていたのだ。

ん~、ナイス予備。

これならしばらくは遊べる。

強風というハンデはあるが、他に準備もしていないし、これでお魚さんとのコンタクトを試みるしかない。

美味しい美味しいおにぎりを、握って頑張るのだ。

タックルはジギングタックルのまま。

PEにハリスを結んで(とりあえず電車結び)グレ針の6号を結ぶ。

さあ、美味しいおにぎり君、お魚さんを誘っていらっしゃい!

ぼっとん!!

華麗な着水音を立てて、おにぎり君が沈んでいく。

ん????

またまた何か違和感が・・・。

ま・ま・まじかーーー!

おりからの正面からの風で、ラインがもつれとる!

おにぎりは既に着底しているというのに。

しかも何やらつついている。

いや、魚がのっとる!

ラインのもつれをほどこうと試みるが、魚が引っ張るのと、結び目が硬く、とれない。

巻き取ろうにも、結び目がガイドにひっかかる。

どうしよう・・・。

しかたがないよな・・・。

ラインを切るしかないよな・・・。

泣く泣く、ラインを切って魚をひっぱりあげる。

釣れたのはこいつ。

ベラかい!!

当然、心は折れるのである。

にわ子は釣れてるかなあ??

おお!!

遠くで小さく固まっとる!!

これは絶対に釣れてない画だ。

しばらく頑張ってはみたものの、釣れてくるのはアジゴとベラ、そして手乗りのフエフキダイ。

だから言ったでしょ。

今日は雨も降るし、風が強い予報なんだから。

よせばいいのに~♫

と、懐かしの『敏いとうとハッピーアンドブルー』の歌が聞こえてくるようだ。

それでも釣りにいってしまうワシらは

いつま~でたっても♬

だめなわ~た~しね~♫

と心で口ずさんでしまうのだった。

いつも応援有難うございます。よろしければ応援のポチッとクリックをお願いいたします!!
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします。

最新情報をお届けします

おすすめの記事