釣り道場「蓋井島」で実釣開始。しかし、忍耐勝負に・・。

見えないシモリに博多にわ子は苦戦。

山口県下関市の蓋井島。

いよいよ実釣開始である。

博多にわ子は、ココ「水瀬」にてショアジギングに挑む。

狙うは美味しい根魚さんである。

ジグヘッドにワームをつけて投げ込む。

ところが、第一投目から根がかり・・・。

どうやら、目には見えないが、海中には多くのシモリが点在しているようで、かなり苦戦しそうだ。

何投か投げるごとに根がかりを連発している。

この道場、ジギングにも厳しい難題を課してくる。

この根がかりを回避しつつ、シモリに潜むお魚さんにコンタクトしなければならない。

ワシには無理だ・・・。

一発で心が折れる状況。

しかし、にわ子はなかなか根性がある。

根がかりを連発しながらも、懸命に釣りを続けている。

あっぱれである。

でも・・・

いくら辛抱強いにわ子でも、この状況ならば心が折れそうである。

それでも何チャラノットとかいうやつでリーダーを結び直し、仕掛けを作り直している。

忍耐勝負になっとる。

魚が釣れるのが先か、にわ子の心がブチ折れるのが先か・・・。

その後、にわ子は何かに憑りつかれたように、仕掛けを作り直しては、ぶん投げる。

にわ子さん・・・

怖いよ・・・

投げ方に怒りが満ちてまっせ・・・。

気持ちはわかるけど。

見ないふり・・・しとこ・・・。

ジグを失くしても

ラインブレイクしても

根魚からのコンタクトはない。

シャクリにも段々と元気がなくなってくるにわ子。

もう今日はダメかな、そんな雰囲気が漂い始めた頃、やっとお魚さんからのコンタクトがにわ子に訪れる。

ツンツンとワームを何かがかじってる。

竿にも魚がのった感触が伝わる。

な・何かな??

ち・ち・ちっちゃい・・・。

小さいぞ!

それじゃあ、煮付けもできんぞ。

あ、

こんなこと言ったらにわ子に殺される。

釣師として大事な腕をへし折られてしまう・・・。

ごめんなさい。

小さいなんて申しません・・・。

ちょっとインチキして、魚を大きくしといたから、許してくれ、にわ子。

しかし、ジギングにはかなり難しい磯だな。

海底の起伏が激しいようだ。

まあ、坊主ではなかったので、良かったではないか。

かくして、蓋井島でのショアジギングは、撃沈したのであった。

ご苦労!

博多にわ子。

こうやって一歩ずつ名手の道へとつながっていくのだよ。

頑張れ博多にわ子!

めげるな、博多にわ子!

ジギングの道のりはまだまだ先に続くぞ。

これからジギング道を極めるために進み続ける「博多にわ子」に応援をお願いします。

本日も最後までご覧いただいて、本当に有難うございます。半分以上、おふざけのブログですが、これからも各エリアの釣行状況を書いていきます。読者の方には下のボタンをワンクリックしていただきますと、ブログランキングのポイントが入るようになっています。お手数ですが、よろしければ応援のポチッとクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ にほんブログ村 磯釣りランキング
スポンサーリンク
下の『更新通知を受け取る』をクリックしていただくと、最新記事の更新通知をお届けできます。もちろん無料です。って、当たり前だろうがーー!!
おすすめの記事