長崎県平戸市生月の磯、中江の島釣行続編。

気合十分の二人の釣果やいかに。

同行のW氏とMr.晴気氏。

ワシらがのった隣の磯でパワー全開。

海に戦いを挑む男達である。

『動』のW氏に対し、『静』のMr.晴気氏といった感じ。

どちらも本日の海の状況を的確に判断し、仕掛けに調整を加える。

なかなかやるばい・・・。

ただ、強くなる風を背中に受けて釣座をかまえると、きついあて潮となり、苦労したようだ。

しかしながら、このような状況にも対応してくるのが、この二人の凄さ。

あの手この手で魚にアプローチできる方法を考える。

自然相手の遊び。

風や潮の流れは操れない。

それならばそれに対応する方法で釣るしかないのだ。

そして

どうにかやってのけるのが、この二人。

やるねえ。

釣ってるやん!

釣ってるやん!

竿が曲がったりなんかしてまっせ~!!

ワシは40m~50mほど離れた磯から見ていたが、二人ともけっこう竿を曲げていた。

ワシはいっこうに釣れんのに・・・。

やっぱ、引き出しの数が違うんかなあ・・・。

納竿の時刻には二人とも満足げ。

竿を拭き上げる姿も釣師ですなあ。

こうして、我々一行は中江の島をあとにしたのである。

いったいどんだけ釣ってるんだあ??

クーラーをのぞいてみるか。

釣っとるねえ!

刺身に塩焼きetc.

どうみても2週間分くらいあるぞ。

グレしゃぶでもいいなあ。

羨ましい釣果をみせつけられた、博多にわ男であった。

素晴らしい!!

本日も最後までご覧いただき、有難うございました。

W氏もMr.晴気氏もよく釣ってますねえ。さすがです。釣果がよくなかった博多にわ男には、下記のボタンをクリックしていただき、是非応援ポイントをお願い申し上げます!!

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ にほんブログ村 磯釣りランキング
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします。

最新情報をお届けします

おすすめの記事