下の『購読する』ボタンをクリックしていただくと、更新の通知をお届けできます。よろしくお願いいたします。もちろん無料です。(当たり前だろうがーー!)

こうして本日も酔っぱらう博多家。

絶妙な焼き加減に酒もすすむ。

自炊も素晴らしいことであるが、たまには店の味を楽しみたい。

そんな思いから

焼鳥をテイクアウト。

焼鳥は焼鳥でも、『とり皮』。

とり皮は、一般的な焼鳥だと、好き嫌いが大きく分かれる素材であるかもしれない。

しかし

ここ数年でメジャーになった博多のとり皮は、ひと味違う。

もちろん、地元の方であれば知らない方はそういないと思うが、県外の方にとっては博多のとり皮は馴染みがないかもしれない。

これが博多のとり皮だ。

上の写真が塩焼きで、下の写真がタレ焼き。

これらのとり皮はおよそ1週間かけて仕込まれる。

毎日少しずつ焼いては、余分なとり皮の脂を落とし、味をつけていく。

なので

食味はジューシーさは残りつつも、脂が落ちているので、わりとさっぱりといくらでも食べられる。

塩焼きもタレ焼きも絶品なのだ。

店ではひとり10本なんてのは当たり前。

女性でもペロッと平らげてしまうぞ。

これがまた、ビールに合うんだな。

ひと口、串からとり皮を食べては、ビールをぐびり。

最高である!

とり皮だけでは少々さびしかったので、わらびの漬物と冷凍のお好み焼きを追加。

もう満足晩酌だ。

実はウーバーイーツなるものに挑戦してみようと思ったのであるが、登録してはみたものの、未だ利用したことがない。

なので、近いうちにチャレンジしてみようと、秘かに思っている博多にわ男であった。

なにを注文しようかなあ・・・。

本日もご覧いただき、有難うございました。

実はウーバーイーツを使いきれずに、テイクアウトになったのです。今度はウーバーイーツだ!さて釣好大全九州ではブログランキングに参加させていただいております。よろしければ下のボタンをクリックしていただき、応援いただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ にほんブログ村 磯釣りランキング
スポンサーリンク
おすすめの記事