野菜のストックが切れたので、スーパーへ買い出し。

ついでに鮮魚売場に寄ってみたのだが・・

スーパーの鮮魚売場で、何じゃこりゃ表記を発見。

刺身をズラリと売っていたのだが、その中に、『黒鯛(メジナ)』と書かれたものが売られていた。

黒鯛??メジナ??

どっちやねん!

黒鯛とメジナは全くの別物。姿形は全く異なる。

しかし、刺身になっていたので、ワシも正直どちらかわからない。

九州ではメジナのことを『クロ』と呼ぶので、それで『黒鯛』と表記したのだと思うが、黒鯛とはチヌのことだ。

鮮魚売場であれば、正確な名前を表記してほしいものだ。

ってなことを思っていると、近くにアカハタが売られていた。

以前、にわ子がアカハタを釣り上げ食べた時、メチャクチャ美味かったので、ついつい手が伸びる。

ちょっと小ぶりだけど、買っちゃった・・・。

プチ贅沢、お許しを・・・にわ子様。

にわ子に気づかれないように、買い物かごの底に隠し、野菜で覆った。(まあ、レジでばれるけどな・・・。)

早速、晩酌用に刺身にするかな。

黒鯛とメジナの話しではないが、アカハタにはよく似た魚で『アカハタモドキ』ってのが存在する。

よく似ているのだが、背びれ部分の色が少しだけ違う。

それから、今回魚体をよく観察してみたのだが、臀ビレや背ビレにはかなり鋭い棘がある。

調べてみたが、どうやら毒はないようだ。

しかし、かなり鋭いので、刺されたら痛いに違いない。

気を付けよう・・・。

三枚におろすと、綺麗な白身が登場。

内臓には脂がしっかりとまいていたので、これは期待できる。

小ぶりなので、半身は刺身にして、残りの半身は皮を炙って炙り刺しにしてみよう。

炙りは食べたことがないので、どんな感じなのか楽しみ。

見た感じはまずまず美味そうな雰囲気。

では実食!

?????

おやおや~・・・。

思ったほどの感動がない・・・。

というか、若干生臭い。

そして味が淡白すぎて、あまり旨味を感じない。

やばい・・・これは味覚障害か・・・。

前、食べたときはあんなに美味かったのに。

ふと、にわ子に目をやると、にわ子もいまひとつの様子。

良かった、ワシだけではないということは、味覚障害ではないな。

何故だろう。

にわ子が釣ったやつはメチャクチャ美味かったのに。

もちろん、鮮度云々ということもあるかもしれんが、ここまで違うとは。

これは想像でしかないが

時期的なものか、獲れたあとの処理の問題か、単純に鮮度の問題か。

いずれにせよ、血抜きは全然されていなかったようなので、生臭さはそのせいだと思う。

味の差は、正直わかりまへんなあ。

期待していただけに、ちょっとがっかり。

しかも炙り刺しは、皮が硬く、食感もいまひとつ。

まあ、こうやって失敗することで覚えていくんだな。

ああ

でも、あの美味かったアカハタの味を、もう一度!!

にわ子!釣ってくれ!!(もちろん、自粛明けにね。)

本日もご覧いただき、有難うございました。

期待していた味ではなかったので、残念でした。さて、釣好大全九州ではブログランキングに参加させていただいております。皆さまの応援が私の糧です。よろしければ下のボタンをクリックしていただき、応援していただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ にほんブログ村 磯釣りランキング
スポンサーリンク
下の『更新通知を受け取る』をクリックしていただくと、最新記事の更新通知をお届けできます。もちろん無料です。って、当たり前だろうがーー!!
おすすめの記事