下の『購読する』ボタンをクリックしていただくと、更新の通知をお届けできます。よろしくお願いいたします。もちろん無料です。(当たり前だろうがーー!)

長崎県松浦市鷹島の釣行。おまけ編。

海の中の撮影を試みた。

魚釣りをしてて、いつも思うことがある。

この海の中・・・いったいどうなってるんだろう。

釣り人ならば一度は考えたことがあるはず。

どのあたりに魚はいて、どんな種類の魚が泳いでいるのか、そしてどんなふうに餌を食べているのか。

知りたい。

知りたければ見てみればよい。

そうだ、少し海の中をのぞいてみよう。

てな訳で、博多にわ男は服を脱ぎ棄て、海中へダイブ!!

なんて、さすがのワシもそこまでアホなことはしないぞ。

防水のカメラを少しだけ海中へ落としてみた。

表層にはご覧のように、スズメダイが群れをなしている。

すごい数だな。

これではなかなか餌が下まで通らないよ・・・。

こいつらワシと同じで食いしん坊だから、撒き餌をまくと、無数に寄ってくる。

福岡では『あぶってかも』と呼ばれ、ウロコがついたまま塩焼きでバリバリといただく。

少しずつ下の方へカメラを落とす。

クロがチラホラ見えてきたな。

水深でいえば2m~3mといったところ。

型は小さいが、クロはいることがわかる。

う~ん、なるほど・・・。クロはスズメダイの下の層にいるんだな。

こうして実際の映像をみると納得。

もう少し下の層は?

スズメもいるけど、クロもまあまあの数いるね。

種類が判別できない魚も見える。

何だろうなあ…。

ここにも正体はわからんが、大きめの魚が写っている。

気になるが、釣れていないので、何かは不明。

海の中ってけっこう面白い。

普段見ることができない世界なので、興味深々。

ダイバーの方々が海中の世界にはまる気持ちが少しわかる気がする。

海底ちかくではフグ?らしき魚や、メバル?らしき魚も確認できる。

見えていないだけで、多種な魚がこの海にはいるんだな。

この実験でわかることは、今の時期、クロはおよそ水深3mほどのところにいるってこと。

もちろん、日々水温は変わるし、潮の干満、天候などにより、生息する場所が変わる可能性はなるけれども、実際の海中映像からはおおよその生息域が確認できる。

面白いなあ。

海とは何と神秘であることか。

いつかは欲しい!!水中ドローン。



本日もご覧いただき、有難うございました。

海の中は面白いですね。ただ、ダイビングは・・・無理だ・・・。さて、釣好大全九州ではブログランキングに参加させていただいております。よろしければ下のボタンをクリックしていただき、応援いただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ にほんブログ村 磯釣りランキング
スポンサーリンク
おすすめの記事