食べたことがない魚は釣れるのか。

実釣の続編。

魚の活性は高い。

前日の記事にも記したが、25cmほどのクロは数釣りだ。

しかし、持ち帰り、刺身で食するにはもう少しサイズアップしたいところ。

それと同時に本命以外の外道を持ち帰るというテーマも忘れてはならない。

外道も食べられるサイズのやつを確保しなければならないのだ。

本命のクロのサイズアップを図るべく、釣座から本流へと流れる底潮が本流とぶつかるあたりを狙ってみる。

タナはふたひろ。ウキにはBの負荷をかけている。

本流との壁あたりで、ウキがじんわりと沈んでいく。

狙い通りだ。(魚が釣れたときには、釣り人は『狙い通りだ』と思う悲しい性を有している)

おやおや!

なかなかのひきじゃないか!!

ぐんぐんと竿を引っ張る力強いひき。まずまず伝わってくる重量感。

サイズアップの予感である。

タモ網を出し、魚を確認。

???

色が違うぞ。クロじゃない・・・。

40cmほどのでかいバリ(標準和名はアイゴ)である。

この魚も釣り人からはあまり好まれない魚のひとつ。

背ビレなどに毒があり、刺されるとかなり痛む。魚の釣り味としてはひきが強いため、ファンもいるのだが、食べるとなると、磯臭いとか独特の臭いがあるとか、様々な理由で釣り人は概ねリリースする。

魚の独特な臭いや強いクセのようなものは、血と内臓に由来する。

であるから、釣ってすぐに内臓を傷つけないように取り出し、しっかりと血抜きをしてやれば独特の臭みはなくなる。

今回のテーマである、釣り人が持って帰らない魚は不味いのか?という内容から言えば、本命のひとつと言える。

背ビレなどの毒のある個所を切り落とし、内臓を綺麗に取り出し、血抜きをして、クーラーにおさめた。

お持ち帰りである!!

一方にわ子は?

根魚狙いのにわ子は苦戦中。

アラカブはポツポツとヒットするものの、アコウやアカハタ等の高級魚からの返答がない。

サイズも今ひとつ伸び悩み。

しかし、このアラカブってやつは、何でも食うんだな。

こんなゴムみたいなやつを丸呑みするんだからな。

クロもサイズアップに成功。

本流との壁を狙いにして、タナをふたひろに定めて釣っていると、小さなクロの中から、良型のクロを引っ張り出すことに成功する。

但し、良型と言っても、今日のこの海況における良型で、サイズは30cmほどであった。

うんうん、これくらいのサイズであれば、美味しい刺身が食べられる。

刺身withビールで決まりだな。

つ、ついに、やつが現れる!う〇ち野郎だ。

この日の釣りで、実は何度かハリス(釣りの糸のことね)を切られている。

ものすごい勢いで引き込み、かなりの重量感であったが、ハリスが耐えきれず、切れたのだ。

ちなみにこの日のハリスは1.5号。

こいつの正体は何だ??

姿を見たい。

そう思っていると、やつがきた!!

ハリスを切るほどの大物ではなかったが、おそらくこいつの親玉がいたに違いない。

そう恐怖の『う〇ち野郎』である。

イスズミである。

これぞまさしく、釣り人が持って帰らない魚の代表といっても過言ではない。

一見、クロのように見えるが、釣り人はこいつが釣れるとご多分に漏れず、いや~な顔をする。

釣られて興奮すると、あたりにう〇ちをまき散らすのだ。

これだけでもげんなりするが、う〇ちだけあって臭い。

しかし待てよ。

今回のテーマにドンピシャではないか。

ワシも一度も食べたことがなく、かつ、釣り人は絶対と言っていいほど持って帰らない魚である。

これは勇気をもって食してみるしかない!

とりあえずう〇ちがおさまるまで、スカリにいれて活かしておいて、新鮮な状態で食してみたいので、家まで活かして帰ろう。

少々恐ろしい気がしないではないが、これもテーマを掲げた宿命である。

とりあえず不人気魚種を2種確保。

釣り人の間で不人気な魚種を2種確保したので、食レポはできそうである。

食べ方は、まず何といっても、気合を入れて刺身で食べてみるしかなかろう!

不味かったらどうしよう・・・。

そんなネガティブな思考も働くが、食して死ぬことはなかろう。

次回は勇気をもって食べるぞ!の巻。

シマノ(SHIMANO) 19 BBX テクニウム ファイヤーブラッド C3000DXGSL 04109

価格:79,083円
(2020/6/7 21:22時点)
感想(0件)

ダイワ(DAIWA)  VIP ISO AGS TYPE-1

価格:125,400円
(2020/6/7 21:26時点)
感想(0件)

本日もご覧いただき、有難うございました。

外道も無事?釣れました。さて、釣好大全九州ではブログランキングに参加させていただいております。よろしければ下のボタンをクリックしていただき、応援いただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ にほんブログ村 磯釣りランキング
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします。

最新情報をお届けします

おすすめの記事