魚の出汁は最強の旨味。

臭みをとるためにひと手間。

先日、馬渡島の波止場で釣ったクロ(メジナ)を調理。

いつもなら、あらは処分するのだが、久しぶりに良型のクロだったので、あらまで食いつくそうと、出汁をとることにした。

魚の臭みをとるために、あらに塩をふり、しばらく置いておく。

その後水気をふきとり、グリルで焦げ目がつくまでこんがりと焼き上げる。

そして鍋に投入。

一度沸騰させて、灰汁をとり、あとはごく弱火でコトコトと、1時間ほどゆっくりと炊き上げる。

すると、骨と身の間から、旨味成分が溶けだし、極上の出汁が出来上がる。

塩を入れただけで、メチャクチャ美味しい潮汁の出来上がりである。

もちろん、味噌汁にしても最高だ。

しっかりと灰汁とりをして、じっくりとゆっくりと煮出すのが良い。

魚の出汁って、何でこんなに美味いのかな。

たまらん!!

くろの身は、いつものごとく刺身に。

刺身は2種類。

通常の刺身と、炙り刺し。

ワシはクロは炙り刺しの方が好きだな。

皮目の香ばしさが酒と合うのだ。

梅雨時期のクロは、産卵が終わり、その後体力が回復した個体なので、身には脂がのり、とても美味い。

炙ると皮目の香ばしさとともに、皮と身の間の脂がじゅわっと溶け出し、めちゃくちゃ美味いのである。

そして炙り刺しを漬けにすると、これがまた美味い。

にわ男特製の漬けには、今回、『かぼす胡椒』を入れてみた。

少しピリッとする青唐辛子の辛味と、カボスの皮の風味がたまらなく美味い一品に仕上がった。

もちろん、大好きなすりごまもたっぷりと入れる。

こいつをつまみながら

赤いラベルのやつをぐびぐびと飲む!

ぷはあ~

何も不満はございませぬ。言うことなしだな。

本日もご覧いただき、有難うございました。

今回はクロを余すことなく食べてみました。さて、釣好大全九州ではブログランキングに参加させていただいております。よろしければ下のボタンをクリックしていただき、応援いただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ にほんブログ村 磯釣りランキング
スポンサーリンク
下の『更新通知を受け取る』をクリックしていただくと、最新記事の更新通知をお届けできます。もちろん無料です。って、当たり前だろうがーー!!
おすすめの記事