釣り仲間6名で楽しい釣行のはずが。

行きから既に気持ちはダダ下がり。

今回の釣行は行き先も渡船名も内緒。

というのも、かなり辛い釣行だったので、具体的な名詞は伏せておく。

釣り仲間との釣行だったのだが、遠方からの仲間もいたため、渡船の予約はかなり前から入れていた。

当日は強風の予報であったが、船は出るというので港に集合。

メンバーは以前にもこのブログに登場してもらったことがある

  • 炎のダイワマン氏
  • 関東ルアーマン氏
  • Mr.シマラー氏
  • 赤い走り屋氏
  • 博多にわ子
  • 博多にわ男

の合計6名である。

港につくと、予報通りの強風。

にわ男
これ、大丈夫か??

とは思ったものの、危険な状態であれば船は出ないはず。船が出るということは大丈夫なんだろうと、たかをくっくっていた。

荷物を積み込み、船に上がると、船室は釣り人で満員御礼。

とても船室に入れる状態ではなかった。

仕方なく、ワシとにわ子、さらには他に5名ほどの釣り人が船尾の船室外に腰を下ろす。

船が出港し、外海にでるや、波のうねりに伴う波しぶきが

ザバーーン!!

と船にかぶってくる。

当然、船尾の船室外にいるワシらは・・・

びしょ濡れさ!!

わずかな陰に身を潜めたところで、無駄なこと。

これでは釣りをする前からびしょ濡れじゃないか。

船室に入れないくらいの人数の予約をとるのならば、せめて船尾に屋根くらい付けとけよ!!

とワシは心の中で叫んでいた。

既にこの段階で、気持ちはダダ下がり。

なんだかすごく嫌な予感だ。

磯に上がる時、第一の事故が起きる。

暗闇の中、ワシらが磯に上がる順番がきた。

磯に近づくにつれて、船が波のうねりで上下左右に大きく揺れる。

この時点で少し怖かったのだが、人数分の荷物を下ろすために、ワシと炎のダイワマン氏、そしてMr.シマラー氏が先に磯に降りて荷物の受け渡しをすることに。

炎のダイワマン氏が磯に降り、次にMr.シマラー氏。

その時、船の船首が波のうねりで大きく上に突きあがった。

と同時にその反動でMr.シマラー氏が磯へ転落!!

ヤバイ!!

大丈夫か??

見るとシマラー氏はすくっと立ち上がり、大丈夫の合図。

良かった・・・マジで良かった・・・。

ワシが磯に降り、

にわ男
大丈夫ですか??怪我は??

と尋ねると、

「大丈夫。少し切っただけ。」

と何ともないような感じ。

良かった~。とほっとはしたものの、手からは流血。

血・・血・・血があーー!!

でも本人はあっけらかんとしていて、「血が出ているだけだから。骨折とかはしていないし。」と。

何てワイルドなんだ。

ワシだったら、気絶しているぞ。

とにかくまずは人数分の荷物を船から降ろさなばならない。

これがまたひと苦労・・というか、腹がたつ出来事。

荷物を受け取るのに磯際に立たなければならなかったのだが、波のうねりで船は何度も磯に付けなおさなければならない。

それを待ち受けるために、ずっと磯際に立っていたワシだが

うねる度に波が磯に打ちあがってきて、ワシの足元をさらっていく。

当然足はずぶ濡れなのだが、それよりも波で足がとられそうになる。

これって恐怖だぞ。

やっとの思いで荷物を全部おろし、最後に残った3名が船を降りる。

最後に・・・にわ子。

船から飛び降りるようにして、ワシの手をつかみ、何とか着地・・・。

と思ったら、すねを岩場で打ってしまった。

不幸中の幸いで、何とかこの程度の打撲で済んだ。

しかし問題はMr.シマラー氏。

手には裂傷を負っていた。しかもこれは後で聞いた話しであるが、磯に落ちた時、薬指が変な方向に曲がっていたそうだ。

脱臼したようで、自分で治したらしい。

ワイルドすぎるでしょーーー!!

考えただけでも恐ろしいぞ。

それにしたって、こんな危険な磯に降ろしちゃいかんでしょうが!

必死の思いで降りたが、ひとつ間違えたら死んでしまうぞ。

この時点で腹がたつやら何やらで、渡船への不信感が出てきた。

ワシらは状況がわからないのだから、磯の様子を見た時点で、船長が的確に判断して

「ここはやめて他の所にしたほうが良い。」

とアドバイスをするのがプロってもんじゃないのか?

ワシらは命を張って釣りをするつもりはない。

安全に楽しく遊びたいのだ。

釣果は二の次だ。

ワシもにわ子も、日が昇ってもしばらく恐怖で動けなかった。

まだ磯に上がったばかりだが、この最恐最悪釣行はまだまだ続くのだった・・・。

本日もご覧いただき、ありがとうございました。

ここ数日コメント等いただいた皆様、返信等出来ずにいました。申し訳ございません。さて釣好大全九州ではブログランキングに参加させていただいております。よろしければ下のボタンをクリックしていただき、応援いただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
下の『更新通知を受け取る』をクリックしていただくと、最新記事の更新通知をお届けできます。もちろん無料です。って、当たり前だろうがーー!!
おすすめの記事