長崎県平戸市、阿値賀島釣行の博多にわ男編。

かっちょいい竿さばきを見せる博多にわ男

いよいよ実釣である。

B負荷のウキに、落としオモリはB、ハリスの真ん中にG5を打っての半誘導仕掛け。

タナはフタヒロ矢引。

まずは瀬際を攻める。

数杯こませを打ってみるが、エサ取りらしき魚影はない。

水温が高いわりには、めずらしいこともあるもんだ。

仕掛けを投入し、仕掛けがなじんだ頃

ズドーン!!ときた!

キターーー!!

きたーーー!!

おお!!

釣りの神様よ、サンキュー!!

ずっしりと竿を通して伝わる重量感。

思わず口にした。

にわ男
こりゃあ、でかいばーい!!

魚の抵抗感もなかなかのもの。

ぐいぐいと引っ張る!

めったにこんなことがないワシ。

ここぞとばかりに、カッコつける。

見よ!

この華麗な竿さばき!

ひとしきり魚のひきを味わい、徐々に浮かせてくる。

しかし

ここで・・・

違和感・・・

このクロ、えらくたたく・・・。

遠目で見ていた上物師W氏がぼそっとつぶやく。

「白いっすね・・・」

白い??

え??黒くないの??白い??

まさか。

そうそのまさかである。

タモ入れをしてくれたにわ子が言い放つ。

「無駄に重いやつがきたよ・・。」

確かにそいつはでかかった。

45cmはゆうに超えている。

しかも丸々と太っている。

ただ、そいつは熱望するクロではなく

そこいらにウンチをまき散らす『イスズミ』であった。

関西方面で言うところの『ババ』である。

これは精神的ダメージがでかい。

40オーバーのクロだと思っていたものが、ババである。

にわ男らしい展開と言ってしまえばそれまでであるが、とりあえず、釣りの神様にサンキューした、そのサンキューを返してくれ。

しかも、釣り上げるとき、めっちゃカッコつけてしまったではないか。

ああーーー

恥ずかちいーーー!!

遠目でみても、イスズミはイスズミ。

変身はしない。

ワシはどこまでもコメディアン体質であった。

たまにはかっちょよく釣らせてくれよ~・・・。

本日も最後までご覧いただき、有難うございました。

にわ男らしいといえば、にわ男らしい釣りです。ある意味読者の皆様のご期待にそえたのではないかと・・・。さて、釣好大全九州ではブログランキングに参加しております。下記のボタンをクリックしていただき、応援していただけますと幸いです。よろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ にほんブログ村 磯釣りランキング
スポンサーリンク
下の『更新通知を受け取る』をクリックしていただくと、最新記事の更新通知をお届けできます。もちろん無料です。って、当たり前だろうがーー!!
おすすめの記事