長崎県平戸市、阿値賀島釣行のW氏編

ワシは釣れないというのに・・

ワシがイスズミにもてあそばれ、失意の底にいる頃

同行のさすらいの上物師W氏は精神を統一していた。

W氏の釣座側は、うねりがかなりある。

やばいんじゃない??

波にのまれないように、気を付けて。

おやおやあ?

どうやら、W氏の極意を見ることができそうだぞ。

しばし、観察してみるか。

ふむふむ。なるほど。

オキアミがいかにも活きているかのように撒き餌を打つわけね。

うんうん、なるほど。

って、そんなん、どうやるのさーー。

ワシにはできんぞー。

これはなんとなくわかる。納得。

ワシの穂先は殺気がムンムン。

魚を釣ったるぞーーーっていう殺気がムンムンしてるからな。

しかし、

殺気をどうやって消すのだ?

やっぱりこれもワシには無理だ。

これもワシには無理やん・・。

W氏は忍者??

やっぱり、伊賀者かな・・・。

ハットリ君とお友達かな・・・。

などと、

様々な憶測をしている間に

竿が曲がっとるじゃあ~あ~りませんか~。

ワシの釣座から数メートルしか離れていないのに、何故、W氏にはヒットし、ワシにはヒットしないのか・・・。

やはり気配と殺気のせいかな・・・。

こ・・この・・タモ入れの型は・・・

肘を直角に構えるこの型は、たしか、伊賀流・・・。

やはり、W氏は伊賀者なのか・・・。

こんなふうに、って言われても

ワシには真似できん・・・。

結局、W氏はしぶい海況の中、良型のクロを5~6尾釣っていた。

それにしても

この日は海が厳しかった。

潮が右流れに変わったとたん、ワシには魚のアタリが全く無くなってしまった。

そんな中でもW氏は投入ポイントを変えながら、ポツリポツリではあったものの、良型のクロをあげていた。

何かがワシと違うのだろうが、わからん・・・。

やはり、気配と殺気か。

ワシも忍者の修行やろうかな(笑)。

本日も最後までご覧くださり、有難うございます。

W氏はさすがですねー。厳しい中でも、きっちり良型をかけていました。さて、釣好大全九州ではブログランキングに参加しております。下記のボタンをクリックしていただけますと幸いです。応援、よろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ にほんブログ村 磯釣りランキング
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします。

最新情報をお届けします

おすすめの記事