長崎県平戸市、阿値賀島釣行の博多にわ子編。

磯にあがれば全開だぜ!

ワシはイスズミしか釣れず・・・

同行のW氏はしぶい状況ながらも、ポツポツと良型を釣り上げる。

さてさて、にわ子はどうだろう。

まじですかあ!

のっけから、一升瓶片手に準備中。

これも博多にわ子の釣りアイテムである。

奥歯で

ポンッツ

と一升瓶の口をあけると、ひとしきり口に日本酒を含み、海にめがけてプシューーーっつと霧状に吹き出す。

海の神様に奉納である。

ワシよりもはるかに海の男っぽい。

かっちょいいのだ。

奉納が終わり、準備が整うと、いよいよ秘技炸裂である。

と思いきや・・・

まだ飲むのかあ??

そこいらに酒瓶が散乱しとるぞ。

あ、

海に落ちたやつはちゃんと回収してよ~。

さあ、

もうそろそろかな。

秘技炸裂は。

デタあああ!!

奥義、『酔釣拳(すいちょうけん)』!!

酒を飲めば飲むほどに、予測不能なルアーさばきが可能になり、超強力に魚へアピールすることができる、とても恐ろしい奥義である。

この奥義の使い手は、釣り業界広しといえど、にわ子以外にいない。

いい感じで酔いがまわっているようだ。

右に左に揺れる体に合わせて、ラインがまるで生気を帯びているかのように動く。

それに伴い、ジグヘッドに装着されたワームが、まるで生き物のように輝きを放つのだ。

それにしてもどこでこのような秘技を身に着けたのか・・・。

その昔、中国の少林寺には「酔拳」なる奥義があったと聞く。

また、南斗聖拳の伝承によるとその一派に「南斗水鳥拳」なる奥義があったと聞く。

おそらく、博多にわ子はこの両奥義を極め、かつ融合させたにちがいない。

恐ろしい・・・。

そして酔釣拳を用いて、にわ子が釣り上げた魚がこちら。

どひゃあ!!

アコウ(キジハタ)である!!

またまた高級魚ゲットである。

当然、にわ子のドヤ顔は港に着くまで、ドヤ顔のままであった。

悔しいが仕方がない。

結局

今回の釣行での釣果は

W氏が30cm前後のクロを6尾。

にわ子が高級魚のアコウ1尾。

ワシは・・・

これ以上傷つけないで。聞かないで。ほっといて・・・。

次は負けんぞおお!!

本日も最後までご覧いただき、有難うございました。

にわ子はどうのこうの言っても、釣るわけですわ。そして、ワシはそのお魚をご相伴にあずかるだけですわ。ああ・・つらい・・。さて、釣好大全九州ではブログランキングに参加しております。皆さまの応援が糧となります。下記のボタンをクリックしていただき、応援のほど、よろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ にほんブログ村 磯釣りランキング
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします。

最新情報をお届けします

おすすめの記事