美味しい苺が生産されるまでの苦労。

久しぶりの農作業に体がメチャしんどいっす。

本日は久しぶりの農作業である。

ブランド化された福岡県産の苺、『あまおう』の苗植え作業。

この時期、人手を要する作業に毎年呼び出しがかかる。

久しぶりの農作業に、ワシの体が耐えられるかどうか・・・。

炎天下で汗がとまらない。

まずは大事に育てた苺の苗をポットと呼ばれる容器から取り出す作業。

ひとつひとつ黒い容器から大事に取り出す。

にわ子も仕事に加わる。

さあ、しんどい戦いが始まるばい!!

いったい、どれくらいの数があるのか・・・。

考えると、先が長すぎて気が遠くなりそうなので、とりあえず目の前の作業に集中。

しかし思う。

この手間暇が美味しい苺を生み出すのだと。

苗を取り出したら、次は苗の植え付け。

地面に直接植え付けるものだから、上下の屈伸に、背骨、腰、足が段々とギシギシいいだす。

メチャ重労働だ。

魚釣りの10倍は体力使うぜ・・・。

本日分は何とか完了。

まだ半分以上残っているが、残りは来週。

筋肉痛が・・・。

ふう~。

いつも応援有難うございます。よろしければ応援のポチッとクリックをお願いいたします。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします。

最新情報をお届けします

おすすめの記事