さすらいの上物師、W氏とともに釣行。

長崎県松浦市の調川(つきのかわ)港。

強風と海のうねりで、瀬渡し船はほぼどこも出船できない。

天気は青空であるが、安全第一である。

しかし、この青空は酷だなあ・・・。

この空を見たら、海に行きたくなる。

そんな博多にわ男のもとに、一本のラインが。

「調川の波止場に行きませんか~??」

さすらいの上物師、W氏である。

行く!行く~!行くに決まってますやん!!

波止場であれば安全である。

朝5時30分、W氏と合流し、いざ調川へ。

途中、いつもの『まろきん』、いや失礼、『まるきん』さんで、餌を調達し調川へ。

午前7時30分頃到着したのであるが、波止場にはビッシリと釣り人が。

早えーーー。

皆さん早起きなのね。

ファミリーからジギンガー、エギンガー、その他諸々、釣り人でいっぱいだ。

我々は突き出た波止場の先端あたりがわりと空いてたので、そこへ釣座をとる。

か・か・風が強いなあ・・・。

強風注意報が出ていた。

安全であることを確認し、仕掛けを準備。

ワシとW氏はふかせ。にわ子はジギンガーZに変身。

ワシとW氏の狙いはクロ。

周囲の釣り人に聞き込み調査を行ったが、どうも釣れていない様子・・・。

う~ん、なかなか、嫌な予感・・・。

足裏くらいのクロが釣れればいいかなあ、くらいの気持ちで調川に来たわけであるが、足元に撒き餌をまいてみても、エサ取りすら見当たらない。

W氏が

「木っ端クロは見えるねえ。」

と、少し安心できる言葉を発する。

木っ端が多少なりともいるのであれば、少しまともなクロもおるでしょう。

そう思い、竿を振り続ける。

しかし、付け餌すらとられない状況・・・。

そんな中、

W氏がシェキナBABY!!を釣り上げる。

こいつがおるのであれば、もう少し大きいやつもおるはずやあ。

そう自分に言いきかせ、釣り続けるが、いっこうに生命感がない。

ここで意思が弱いワシはターゲットを切り替える。

とにかく生命反応が欲しかった。

ここは、狙いを変えるしかないな。

ワシはおチヌ様狙いにシフト。(こっそりと・・)

タナを竿1本から徐々に深くしていく。

そして、竿2本ほどのタナで釣っていたとき、初めて生命反応がある。

勢いよくうきが消し込んだ。

竿にのる!

しかし・・・・・、あまり重みがない・・・・・。

こいつであった。

塩焼きサイズのチャーリー君。

あ、チャーリー君と言っても、釣りをしない方にはわからないよな。

真鯛の幼魚を『チャリコ』と言ったりする。

それで、こいつは『チャーリー君』なのである。

まあ、でも魚がいることはわかった。

このへんのタナを探れば、おチヌ様もいるかもしれない。

すると、ここからメイタ(九州では小型のチヌをメイタと呼ぶ)がポツポツと釣れだす。

竿2本から2本半といったところか。

このまま我慢しておけば、きっとくる!

きっとくる~。きっとくる~・・・。

貞子はイヤだが、おチヌ様はきっとくる。

そんなアホなことを考えていたとき、そいつはきた!!

よかった、よかった。

とりあえず、一匹は確保できたので、晩餐には十分である。

一方、こちらもクロに見切りをつけた、さすらいの上物師W氏。

チヌ狙いで頑張っている。

辛抱の釣りが続く。

そんなW氏。

このあと、堤防が騒然となることを、誰が想像したであろうか。

その模様は次回。

お楽しみに!!

いつもご覧いただいている皆さま、有難うございます。感謝感謝です。よろしければ応援を!
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします。

最新情報をお届けします

おすすめの記事