北部九州、爆風で多くの渡船が出船できない中・・

W氏は海に出ていた!!

令和元年10月19日、北部九州の海上は爆風と波のうねりがあり、多くの渡船が出港を見合わせていた。

翌日に二神島釣行を予定していた博多にわ男一行も、渡船屋から出船できない旨の連絡が入っていた。

そんな中、W氏のホームグランウンドである、晴気エリアは風やうねりに強いね。

普通に出船していたようだ。

湾になっているため、波風に強いようだ。

晴気エリア、釣り人には強い味方だな。

W氏は釣りなれた『灯台下』に渡礁。

風は斜め後ろからの強風であったようであるが、後方からの風であれば、W氏のテクをもってすれば何の問題もない。

しっかし・・・W氏・・・釣りが好っきねえ~^^

まあ、ワシも人のことは言えんが・・・。

ここ、渡船代も財布に優しいのさ。

なんと、3,000円らしいよ。

いいねえ。

釣り人に優しい環境、最高じゃ!!

ワシは行ったことがないから、よくわからないけど、写真を見る限り、釣り場も広い感じ。

いろんなポイントを探れて楽しそうではないか。

全体的に磯が低いので、ちょっと波をかぶってしまいそうだが、色々な魚種の釣りを楽しめそうだ。

釣りの様子はというと、

手のひらサイズのクロが多かったようで、このサイズをかわしながら、サイズアップを図ったとのこと。

撒き餌ワークを駆使しながらの釣りである。

最終的な釣果がこちら。

どれも秋のクロらしく、丸っとしてますなあ^^

美味しそうじゃあ。

30cmオーバーを引きずりだし、足裏サイズを連発。

これだけの数釣りできれば、満足の釣果ではないだろうか。

海上のうねりが激しく、釣行に悩んだ時には、晴気エリアも一考であるな。

Wさ~ん、今度一回、連れてってたもれ~^^

いつも応援有難うございます。よかったら下記、応援のひと押しクリック、お願いします。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします。

最新情報をお届けします

おすすめの記事