福岡県久留米市田主丸町にある巨峰ワイナリー

『ワインの赤ちゃん』とやらを目指して。

今回はプチ旅情報。

いつものおちゃらけブログではなく、少々真面目にリポートしたいと思う(ほんまかいな・・・。)。

福岡県は久留米市田主丸町という山間の小さな町。

かっぱの里としても知られている。

電車の駅舎は河童の顔をしている(あ、写真撮るの忘れた・・・)。

耳納連山のふもとあたりに

巨峰ワイナリーという、巨峰を材料にしてワインをつくっているところがある。

本日はそこへ訪問した。

でた・・・

のっけから、おふざけブログ全開である。

しかし

ここからは全力で真面目に書いてみるぞ。

福岡市内からは、九州自動車道の鳥栖ジャンクションから大分自動車道に乗り継ぎ、甘木インターで降りる。

そこから田主丸町を目指し、車でおよそ20分。

山の中へ入っていくと、ほんとにこんなところにあるのか~?と思うような小道を抜けるとそこにワイナリーはある。

敷地は広大で、葡萄畑はもちろんのこと、ショップ、貯蔵庫、レストランなどの施設があり、気軽に見学をすることができる。

こちらがワインや小物などを販売しているショップ。

赤く色づいた紅葉に囲まれた、小さなお店。

雰囲気、抜群だね。

お店の中にはここで蒸留されたワインがズラリとならぶ。

そしてお目立ての『ワインの赤ちゃん』。

まあ、おそらく出来立てってことだと思うが、飲んでみたかった。

ネーミングが良いではないの。

ほんで、どんな味がするのか気になるっしょ。

これは少々でかかったので、もうひとまわり小さいやつを購入。

楽しみ、楽しみ。

そしてついでに貯蔵庫を見学。

自由に見学できる。

地下にできた石積みの貯蔵庫。

ワイン寝かせてる感がプンプンである。

ワシはワインの味、よくわからないが、雰囲気が美味しそうである。

この中には、創業当時のやつも置いているのだが、これは非売品とのこと。

あまり数も残ってないようだ。

気になる~・・。

飲んだ感想はまた後日ブログでアップするが、訪れて見学するだけでもリラックスできる施設であった。

紅葉の今の時期、最高だね。

本日もご覧いただき、有難うございました。

博多にわ男の真面目なリポート、いかがだったでしょうか。少しだけおふざけも混じりましたが、真面目なプチ旅情報をお届けしました。いやいや、おめ~からおふざけをとったら、何も残らね~よ、とお叱りを受けそうですが、ご容赦を。ご訪問いただいた皆さまへ。釣好大全九州はブログランキングに参加しております。下記のボタンをクリックしていただき、是非応援をお願い申し上げます。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ にほんブログ村 磯釣りランキング
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします。

最新情報をお届けします

おすすめの記事