下の『購読する』ボタンをクリックしていただくと、更新の通知をお届けできます。よろしくお願いいたします。もちろん無料です。(当たり前だろうがーー!)

佐賀県唐津市肥前町、晴気エリアでの釣行続々編。

博多にわ子の釣り。

ワシには名前がよくわからないが、ワームみたいなやつとか、魚の形をしたルアーとか、なんだかんだ、色々な種類のジグを駆使し、にわ子は根魚を狙っていた。

しかし、こちらもいつものごとく、根がかり連発。

それでもめげないのが、博多にわ子である。

海を見た感じでは、シモリが点在するため、いかにも根魚やヒラメなんかがいそうな雰囲気なのである。

根がかりを我慢していれば、何か釣れそうな予感はする。

おいおい、いくら釣れないからといって、飛び道具はアカンやろ。

危ないし。

それ以前に法に触れてるよ。

そいつを乱射して、一気にかたをつけようってことっすか??

うそ~ん!

釣れてるし。

しかもなかなかサイズのアラカブ。

刺身にできるサイズだな。

美味そうだけど、そのランボーみたいな飛び道具はやめなさい。

そうそう、道具は大事に、きちんと手入れをしなければね・・・

って、おおおおーい!!

飛び道具はアカン言うてるやろ!!

このような飛び道具を使う釣師に、神様は厳しいのだ。

その後、ぱったりと、なんのアタリもなくなってしまった。

そうなれば、博多にわ子に残された道はただひとつ。

そう、

逮捕である。

なんなのだ・・・。

この三文芝居は・・・。

釣れなかったときには、このような寸劇がつきものである・・・。

本日も最後までご覧いただき、有難うございます。

三文芝居におつきあいいただき、誠に有難うございます。ルアーはなかなか厳しいですねえ。魚はあの金属をなんだと思って食うんでしょう・・・。不思議だ。釣好大全九州ではブログランキングに参加しております。お手数かとは思いますが、下のボタンをワンクリックしていただき、是非応援のほど、お願い申し上げます。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ にほんブログ村 磯釣りランキング
スポンサーリンク
おすすめの記事