釣ったばかりの魚を刺身で楽しむ。

どんなに疲れていても

神経を締めたばかりの鮮魚。

特にクロの場合、ワシはこうやって刺身にするのが好みである。

寝かせたほうが良いという方も多いが

ワシの好みからいうと

クロは新しいうちに食したほうが好きである。

魚の種類にもよるかな。

このウロコとり、優れものである。

以前にも紹介したことがあるが、ウロコが飛び散らず、なかなか良い。

ただし、これも魚の種類による。

ウロコの形状によっては、全く役に立たない場合もあるので、悪しからず。

腹を開いてみてわかったのだが、立派に抱卵していた。

時期的に早いような気もするんだが・・・。

水温異常のせいかな・・・。

とにかく三枚におろそう。

今回のクロはまずまずの良型であったので

半身はそのまま刺身にして

もう半身は皮目を炙って刺身にしよう。

まずは刺身用のさくに仕上げる。

皮目の炙りは、身に金串をうって、バーナーで炙る。

香ばしい香りが台所に広がる。

え~においや~・・・。

そして、すぐさま氷水で〆る。

氷水に魚の脂が薄っすらと浮いている。

うんうん、これは美味い印だ!

こして出来上がったのが、こちらの2種類の刺身。

それぞれに違った美味さがある。

炙りの方は香ばしい香りに、皮と身の間の旨味がじゅわ~っと出て、たまりましぇーん。

皮をひいたほうは、身の弾力と上品な脂がなんとも言えない。

2種類の刺身があれば、味も違うので、お酒がすすむな。

好き嫌いはあると思うが、九州の甘口刺身醤油にちょこっと付けて、うまうま。

最高ーー!!

ご馳走さま!!

ご覧いただいた読者の皆さま、本日も有難うございました。

美味い魚と美味い酒、最高の組み合わせですねえ。これだから魚釣りはやめられません。さて、読者の皆さまにはお手数ですが、下のボタンをクリックしていただき、応援していただけますと幸いです。ポチッとワンクリック、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ にほんブログ村 磯釣りランキング
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします。

最新情報をお届けします

おすすめの記事