長崎県佐世保市、相浦港からの釣行で釣った魚を食う!

一部訂正。もらった魚も含む(笑)。

まずは磯で処理しておいたバリ(アイゴ)

磯では鰭の棘部分(毒のあるとこ)をハサミで丁寧にチョキチョキ。

頭と内臓を綺麗にとって

腹の中を綺麗に洗い、できるだけ血を抜いておく。

クーラーに保存しておいた魚体をさばき、刺身で食す!

臭みもなく、メチャクチャ美味しい刺身だ。

魚の旨味も強く、食べたことない方は

「何~?この魚、美味い!何ていう魚?」

ときっと言うはずだ。

中にはバリの肝を生で食した強者の先輩がいらっしゃって、感想は美味かったらしいよ。

ワシはまだそこまでの域に達していないが。

そして

安定の美味さ、クロの刺身。

これは釣ったのではなく、いただきものではあるが。

とても美味しくいただいた。

そして、このクロの腹の中に入っていた白子をホイル焼きに。

これ、メチャうま!!

クリーミーな白子にイカからでた出汁がからみ、絶品だぞ。

クロはもう一品。

切り身に軽く塩コショウをして、小麦粉をまぶし、ニンニクバターでソテー。

ソースには玉ねぎのみじん切りを飴色になるまで炒め、醤油、酒、みりん、そして甜麺醤を加えて仕上げる。

これをソテーした切り身にかけたもの。

ご飯のおかずにもなるけど、ビールのおともに最高の一品だ。

そしていよいよ

初めて食べる『ハトポッポ(イラ)』

まずはオーソドックスに刺身。

思いのほか、綺麗な白身であることにびっくり。

味は

正直、かなり淡白な感じ。

しかし、くせもなく、食感ももっちりとして、白身の刺身っていう感じだ。

悪くない。

ただ、ワシには淡白すぎる感じがしたので

オリーブオイルを使って、カルパッチョにもしてみた。

うま!!

これはマジで美味い。

オリーブオイルに塩とレモン汁、そしてピンクペッパーを少々。

イラの身はあらかじめ、昆布締めにしておいた。

上には塩っぺを散らした。

ハトポッポもこうやって食べると、ちょっとした高級な酒の肴に変身。

今度から、釣れたら持って帰ろうっと。

今回も釣れた魚、いただいた魚を感謝をこめ、美味しくいただいた。

海ヨ、サンキュー!!

本日もご覧いただき、有難うございました。

今回も有難いことに、美味しく魚を頂戴しました。釣好大全九州ではブログランキングに参加させていただいております。皆さまの応援が励みです。是非、下のボタンをクリックしていただき、応援してください。よろしくお願いいたします!!

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ にほんブログ村 磯釣りランキング
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします。

最新情報をお届けします

おすすめの記事