ミニチュアダックスの『チッ君』

愛嬌のある憎めないやつだった

一本の電話。

にわ子が泣いている。

妹夫婦の家族、ミニチュアダックスの『チッ君』が天に召された。

享年16歳と5か月。

天寿を全うした。

遊び日に行くと

いつもじゃれついてきた、愛嬌のある憎めないやつ。

お腹をさすってやると

「もっとさすれえ~。」とばかりに、コロンとひっくり返り、お腹を丸出しにする。

ワシらが飯を食っていると

ヒョコヒョコとやってきて

ひざの上にあごをのせて

上目づかいにこちらを見て

「オイラにも食わせろ~。」と訴えかけてくる。

そんな

チッ君が、天使になったのだ。

明日には火葬するという。

にわ子とワシは、高速道路を妹夫婦の家へと走った。

妹夫婦の家に着くと

小学生の姪っ子が何かを悟ったかのように、チッ君の傍に、ちょこんと座り、チッ君の大好きなおやつを枕元に敷き詰めていた。

・・・・・。

チッ君はまるで、生まれたばかりの子犬のような顔になり、遊び疲れたかのように目を閉じていた。

きっと

幸せだったね。

間違いない。

皆からこんなに愛されていたのだから。

この無邪気な顔。

ほんとに眠っているようだ。

チッ君、安らかに。

姪っ子が敷き詰めたおやつを、お腹いっぱい食べて、ゆっくり寝ておくれ。

有難う!!

本日もご覧いただき、有難うございました。

チッ君のご冥福をお祈りします。きっと天国でもやんちゃぶりを発揮することでしょう。本日は釣りとは全く関係ありませんでしたが、よろしければ下のボタンをクリックしていただき、応援ください。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ にほんブログ村 磯釣りランキング
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします。

最新情報をお届けします

おすすめの記事