長崎県上五島、中通島釣行初日。

強風を避け、風裏の港を探す。

五島うどんで腹を満たしたワシらは、どこで釣りをするか思案。

この日はとくかに風が強くて、北西風を遮る場所か、背中から受ける場所でないと、釣りをするのは厳しい状況であった。

しかし、そこは釣り場が豊富な五島。

地図を見ると風を遮ってくれそうな場所がいくつもある。

ワシらが選んだのは、有川港から車で50分ほどのところにある、島南東部の『岩瀬浦』というところ。

少し遠いが、まさに風裏になりそうな場所である。

移動中、あらためて認識。

五島は島とはいえ、広い・・・。

岩瀬浦の港に到着し、様子をうかがう。

風裏の場所のはずであるが、けっこうな強風が吹いている。

何とか背中から風を受けるために波止場の先端に行くが、それでも横から風を受けてしまう。

しかし、ここまでやってきてしまったのだから、ここで釣るしかない。

風は強いが、海は相当に美しい。

水が澄みきっている。

漁港の集落風景も静かで美しい。

五島、ホントにいいところだな。

この風景に囲まれて、デカイ魚が釣れれば最高ではないか。

たまらんぜ!

きっとこの海には、まだ見ぬデカイやつがうようよしてるに違いない。

いやがおうにも期待は高まる一方である。

ワシはフカセ釣りで、クロを釣る。

にわ子は最近ドはまりの、餌木を使ったイカ釣り。

実釣開始!!

波止場の先端を二人でぶんどり、釣り開始である。

10分経過・・・

にわ男
餌が残ってくるな。これは、大物が潜んでいるかも・・・。

20分経過・・・

にわ子
アタリはないけど、絶対でっかいイカがおる。雰囲気バリバリやもん。

1時間経過・・・

にわ男
釣れんやないかーーーーい!!
にわ子
もうーー!!なんもおらんーーーーー!!

まさかの展開である。

魚のアタリが全くといっていいほど、ない!

そんな中、数少ないアタリをとらえ、釣れてくるやつらは

こんな小さいやつとか

こんな小さいやつばかり。

いくら波止場とはいえ、ここは五島。

本来ならば、こんなやつがほしい。

ここは釣りの聖地、五島でっせ。

せめてこれくらいのサイズが釣れて、やっぱりパラダイスやあ~!と叫んでみたいではないか。

にわ子はイカを諦めて、根魚を狙うがやはり

手乗りサイズである・・・。

唯一、魚らしいものが釣れたのはにわ子のこの一尾だけ。

こんなはずでは・・・

こんなはずではなかった・・・。

イメージでは、バシバシ大物が釣れて、クーラーに入りきれず、

「もう釣りすぎたから、宿にもどってゆっくりしようかあ。」

というセリフをはいているはずであった。

ところがクーラー満タンどころか、まともにお魚さんと出会うことができなかった。

まじっすか・・・。

初日は五島の厳しい洗礼を受け、すごすごと宿に向かったのであった・・・。

本日もご覧いただき、有難うございました。

五島といえども、釣れない時はまったくダメですねえ。さて、釣好大全九州ではブログランキングに参加させていただいております。下のボタンをクリックしていただき、応援していただけると幸いです。よろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ にほんブログ村 磯釣りランキング
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします。

最新情報をお届けします

おすすめの記事