上五島、中通島の波止場へ魚を求めて。

佐世保港からフェリーで。

強風の予報でもあり、磯に行くのも体力的に少し疲れた感じだったので、どこか波止場でのんびりと海を眺めながら魚釣りをしたいなあ・・・などと思案していた。

しかし、波止場での釣りとはいえ、魚は釣りたい。

のんびりしたい、でも魚は釣りたいという贅沢な方法を模索していたわけである。

そこで浮かんだ名案。

五島くらいまで行けば、波止場でも魚がわんさかと釣れるのではないか。

しかもプチ旅行みたいなものだから、地元の美味しいものも食したりできる。

うんうん、良いではないか。

まずはフェリー。

博多発のフェリーは前日の夜に出発、翌早朝に着くという出港スケジュール。

船中に長い時間いなければならない・・・。

もっと他に航路はないのか。

調べてみると、長崎県の佐世保港からも五島行のフェリーが出ている。

佐世保からだと、上五島までおよそ2時間半。

これいいぞ。

しかも、便数も多く出港時間もいい感じの時間だ。

福岡から佐世保までだと車でおよそ2時間半。高速を使えば1時間半で着く。

よし、今回は佐世保から五島に行ってみよう!ということで1泊2日の釣行を計画。

出発は午前8時。佐世保港を出発し、上五島の中通島、有川港に午前10時30分に到着する予定である。

出発の朝

まずは乗船券を購入。

中通島の有川港まで往復券でひとり5630円。駐車場は12時間、600円でターミナル横に駐車できる。

釣道具はキャリーカートにまとめておけば、船に乗せてくれる(無料!!)

船は九州商船の『フェリー なみじ』だ。

少し古い船だが、乗ってる時間が2時間半と短いので、さほど気にはならない。

2等船室も十分に広く、快適である。

ただ・・・トイレが古く、あまり大きな声では言えないが『大』の用の際は注意が必要である。

まあ、2時間半なので、ちょっと眠りこけてしまえば、あっという間に到着する。

こんなふうに、うとうと・・としておけば、え?もう着いたの??って感じなんだな。

ワシは時間をほぼ感じず、目が覚めると有川港であった。

移動手段としてレンタカー。

釣道具が沢山あるし、中通島はかなり広い島なので、移動には車が必要である。

そこでレンタカー。

魚釣り道具を乗せるのに、拒否されるレンタカーがあるので要注意。

しかしワシは思う。

これだけ多くの釣り人がやってくるのだから、軽トラックでも何でも良いので、釣り人が利用できるレンタカーがもっとあればいいのに・・・と。

ワシが利用したのは、釣り道具を積むのに快く承諾してくれた、『ニコニコレンタカー』さんだ。

何件か電話したが、電話の対応はここが一番良かった。

ただひとつの難点は、営業所が有川港から少々遠いこと。

でも有川港まで送迎してくれるので、問題はないんだけどね。

ワシが借りた車は2日間で9000円ほど。

軽自動車だが、何とか荷物も全部積み込むことができ、かつ小回りもきくので全然OKだ。

移動手段も確保できたところで、腹が強烈に減ってきた。

飯だ、メシだーー!!

昼飯を食うことにするぞ!!

五島といえば、まず・・・

五島で食べると言えば、まずは『五島うどん』だな。

細めの麺で、麺には椿油が練りこんであり、つるつるの食感が特徴である。

有川港からほど近いところに、『うどん茶屋 遊麺三昧』という店があったので、入ってみる。

ワシが注文したのは五島うどんとかつ丼のセット。

わんぱくである。

少しは歳を考えて、うどんだけにしておけばよいものを、セットで頼んでしまった。

美味そうだろ。

これが実際、美味いのさ。

出汁はアゴ出汁(トビウオからとった出汁)がきいていて、この出汁だけでもしばらく堪能できる。

そしてそれに合う、細麺のつるつる食感。

滅茶苦茶美味かった。

五島うどん、もっとひろまってもいいのだが。

きっと、椿油だとか、アゴ出汁だとか、量産できない要素があるのかな。

とにかく、美味いうどんだ。

あまりの美味さに、いろんなところから、うどんが吹き出るバイ!!

さあてと、腹も満たされたことであるし、魚釣りに行きますかな。

波止場がたくさんあるので、どこから攻めるか。

楽しみ、楽しみ。

本日もご覧いただき、誠に有難うございました。

フェリーで初めて訪れた中通島。まずは腹ごしらえに五島うどんでした。大変美味しい麺でした。さて釣好大全九州ではブログランキングに参加させていただいております。皆さまの応援をいただければ幸いです。下のボタンをクリックしていただければ嬉しいのです。よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ にほんブログ村 磯釣りランキング
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします。

最新情報をお届けします

おすすめの記事