山口県美祢市美東にある『道の駅みとう』

これも売り物??

おやおや~・・・これはいったいどこを走っているのかな??

これは関門橋だな。

九州から関門海峡を渡ると、そこは山口県。

九州自動車道から、中国自動車道へ。

萩市に向かう途中であった。

山口県はやたらと自動車道が整備されている・・・。これは安倍ちゃまのお力なのだろうか。

無料の自動車専用道路がめちゃくちゃ整備されているのだ。

総理大臣を輩出した地はええな・・・。

中国自動車道を降りて、すぐに小郡萩自動車道(当然無料)を走っていると、途中で道の駅の看板が目に入る。

ワシ・・・やっぱりこういう看板に弱いんだな。

降りる予定ではなかったICで降り、まんまと看板の罠にはまり、道の駅へ。

道の駅の看板を見る度に寄り道したくなるので、なかなか目的地へ到着しない。

はい、寄り道先の『道の駅みとう』。

入り口が2か所あり、ひとつの入り口には

「飲み物、食べ物持込自由」と書いてある・・・。どういうこと??

中をそっと覗いて見ると、テーブルと椅子が設置しており、自由に飲食してくれという感じ。

何と心の広い道の駅なのか。

そして店の中に入ってまたびっくり。

まるで駄菓子屋のように、オモチャやなんかが並べられている。

もちろん普通のお土産物や特産品も売っているのだが、それよりもこちらの方が気になる。

非売品と書かれたものもあるが、売却済みの札を貼られたものもある。

これ、売り物??しかも、ここは道の駅。

オモロイ、オモロすぎるぞ、この道の駅。

しかも、店の奥の方には旅の疲れをどうぞここで癒していっておくれと言わんばかりに、ちょっとした本と休憩スペースが設置されている。

どこまでも、商売っ気がない道の駅である。

そして店の壁には、おそらくここのオーナーが撮影したのであろうと思われる写真が展示されている。

もう、店内の様子が道の駅としては面白過ぎて、時間を忘れて隅から隅まで見てしまった。

買い物以外で十分に楽しませてもらったので、お土産物を数点購入。

そして店を出ようとしたとき

超魅惑的物体に心を奪われる。

アイスクリームでもアイスキャンディーでもないぞ、これはアイスキャンデーだ。

デの後に、小さなイをつけてはならない。

ワシは夏ミカン、にわ子はミルクを選び、猛暑でカラカラに乾いた口の中に放り込んだ。

うめえーーー!!

これ、マジでうめえっす!!

それもそのはずだ。包装をよく見ると、夏ミカン果汁100%と表示されている。

口の中が甘酸っぱい夏ミカンでいっぱいになる。

最高じゃあ!!

にわ子のミルクもほぼミルクを氷結させたようなキャンデーで、濃厚だったそうだ。

もう、この道の駅らしくない道の駅、最高じゃないか。

そうそう来れる場所にはないが、お気に入りの道の駅のひとつになった。

アットホームな道の駅であった。

萩焼(はぎやき) 藍流 珈琲 碗皿 { カップ&ソーサー かっぷ&そーさー

価格:5,500円
(2020/8/8 22:27時点)

本日もご覧いただき、有難うございました。

とても良い道の駅でした。さて、釣好大全九州ではブログランキングに参加させていただいております。よろしければ下のボタンをクリックしていただき、応援いただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ にほんブログ村 磯釣りランキング
スポンサーリンク
下の『更新通知を受け取る』をクリックしていただくと、最新記事の更新通知をお届けできます。もちろん無料です。って、当たり前だろうがーー!!
おすすめの記事