長崎県は対馬への遠征。W氏より釣果情報。

強風の影響で上がれる磯は限定。

週末の連休を利用して、さすらいの上物師W氏は対馬遠征に向かったようだ。

博多港からフェリーで対馬へ。

港からは馴染みの渡船屋に乗り換え、磯にあがる。

この日の海上は強風。

あがることができる磯も限られる。

W氏達一行があがった磯は、対馬の南東部、内院島に近い、ツルボウ瀬という名の磯だ。

対馬には豊富な釣り場があり、強風などの悪条件がなければ、沢山の一級ポイントがある。

W氏は他に渡礁希望の磯があったようだが、風とうねりで断念。

この風裏の磯でさえ、うねりが強かったようで、何度も足に波をかぶったそうだ。

安全第一。

しかしさすがは対馬。

美しい磯と海である。

強風やうねり等の影響で、決して良い状況ではなかったが、初日は30cm前後のクロで、クーラーが満タンになったとのこと。

狙うは40cmオーバーであったが、数こそ釣れるものの、型が今ひとつだった様子。

しかし、これだけ数が釣れれば、良しとせねば。

そして、W氏達一行はこのあと・・・

なんと、磯泊まり!

ワイルドやなあ。

ワシ、まず磯のゴツゴツした場所で熟睡できない。

そして、寝てる間に海の状況が変わったりして、波に襲われないか不安なので恐ろしい。

よって、磯にお泊りしたことはない・・・というより、できない。

I can't 磯泊まり・・・である。

しかし、さすらいの上物師は余裕である。

完全にご就寝。

鍛え方が違うのである。

サバイバルで鍛えられた精神と肉体は、岩のゴツゴツも気にならないのだ。

そして翌朝。

一行は瀬替わりをし、クジラ瀬という名の磯へチェンジ。

この磯は水深が深く、大物が潜むポイントでもある。

W氏もここでは、でかいアタリをつかむが、ラインブレイク。

大物を逃したとのこと。

それでも35cmを頭に数釣りを楽しんだ様子である。

対馬本来のポテンシャルは堪能できなかったようだが、豊かな海であることは間違いない。

シーズンに良い磯にあがることができれば、50cmオーバーも夢ではない。

今回は40cmオーバーに出会うことはできなかったが、良型のクロでクーラーが満タンになるという釣果を満喫したW氏であった。

羨ましい限りである。

ワシも一度でいいから、良型のクロでクーラーを満タンにしてみたいものだ。

W氏、釣果情報、有難う!!

本日もご覧いただき、有難うございました。

クーラー満タンとは、羨ましいですなあ。私も満タンを夢見て!さて釣好大全九州では、ブログランキングに参加させていただいております。下のボタンをクリックしていただき、応援していただけますと幸いです。よろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ にほんブログ村 磯釣りランキング
スポンサーリンク
下の『更新通知を受け取る』をクリックしていただくと、最新記事の更新通知をお届けできます。もちろん無料です。って、当たり前だろうがーー!!
おすすめの記事