唐泊漁港での夜釣り続編。

撒き餌を投入し続けることおよそ2時間。

先日の記事では、家族連れのお父ちゃんがでっかいスズキを釣り上げたとこまで。

きっと読者諸氏は

博多にわ男は結局、ヒトデしか釣れずに諦めたんだな・・・と思ったっしょ。

とーんでもない!

ワシは珍しく粘ったのさ。

反応がほとんどない海に、撒き餌を2時間ほど投入し続けた。

すると

本命のチヌを釣り上げたぜ!

おそらく、撒き続けた撒き餌が徐々に効いて、チヌが寄ってきたのだろう。

諦めなくて良かったよ。

そしてなんとなんと

2尾目をゲット。

こんな近場の漁港で2尾もチヌを釣ることができるなんて。

ラッキーラッキー!!

しかも、とても綺麗な魚体である。

サイズ的には37~8cmといったところであるが、一番美味しいサイズじゃあないの?

早速血抜きをして、締めておいた。

翌日の晩御飯におチヌ様を料理。

チヌをさばいてみると、お腹の中には卵が。

こいつはとっといて、煮付けだな。

それと

意外に肝が綺麗だった。

「これ・・・食べられるかな・・・。」

と一瞬迷ったが、一度食してみることにした。

まずは定番のお刺身。

例のごとく、臭みとりの処理をして刺身にしたので、とても美味しくいただいた。

ただ、釣りたてではなかったので、釣りたて特有のゴリゴリ感はなかった。

でもとても美味しかったぞ。

そして、胡麻鯖ならぬ、胡麻チヌ。

博多では生鯖を胡麻、醤油、味醂、酒等で味付けした『胡麻鯖』を食べるが、こいつを応用してつくった胡麻チヌである。

これも美味しかった。刺身よりつまみになるかも。

そして、一抹の不安があった、肝の煮付け。

卵はもちろん、知ったる味で、とても美味しくいただいた。

さて

問題の肝。

うまーーい!!

味としては、少しほろ苦い感じ。例えて言うならば、サザエの肝を焼いたときのような、ほろ苦さ。それに加えて肝の濃厚な味が重なってくる。

これは今まで知らなかったが、酒の肴にとても適した味わいである。

食べた後、お腹が痛くなったりはしなかったので、大丈夫だと思うよ。

もし、それは食ってはいかん!!危ない!!ということであれば、どなたかご教示を。

ワシは安全だと思うので、

これからは、肝が新鮮で綺麗な状態であったら、食べることにしよう。

ま、

近場の夜釣りでまずまずの釣果をあげることができたので、とりあえず、満足じゃあ!

本日もご覧くださり、有難うございました。

いつもの『ぜーんぜん釣れないよーー!!』を期待していた読者の皆様、期待を裏切り恐縮です。たまには博多にわ男も釣るとです。さて、釣好大全九州ではブログランキングに参加させていただいております。お手数ですが、下のボタンをクリックしていただき、応援をいただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ にほんブログ村 磯釣りランキング
スポンサーリンク
下の『更新通知を受け取る』をクリックしていただくと、最新記事の更新通知をお届けできます。もちろん無料です。って、当たり前だろうがーー!!
おすすめの記事