長崎県平戸市生月町の沖に浮かぶ中江の島釣行続編。

隣の磯もふるわず・・・

にわ子は良型のアラカブさんを2尾釣り上げたのだが、ワシの竿にはいっこうに反応がないまま。

なして~・・・。

なして、ワシのエサは食ってくれないんだ・・・。

気になり、隣の磯にあがった釣り人を観察。

隣の磯も、魚の反応はよろしくないようである。

ワシの方も、たまにウキに反応があっても

こんなスーパースモールばかり・・・。

まあ、観賞用としてはかわいらしいが、これじゃあ食えないぞ・・・。

君のお父ちゃんや、お母ちゃん、はたまたご親戚様等は何処に出かけておるのだ?

もっと釣りの醍醐味を味わえる、ビッグなやつとやりとりをしてみたい。

しかし

時間は刻々と過ぎ、釣りを開始してから6時間ほど経過していた。

潮は相変わらず、トロトロと流れてはいる。

あまりにも反応がないので、しばらく仕掛けを潮にのせて流しておこうと、かなりの距離を流し続けた。

すると

ウキの流れが止まる、いわゆる潮の壁が発生していた。

おやおや??

もしかするとこのあたりに、今まで撒いた餌が溜まっているかもしれんな・・・。

そう考えたワシは

その潮の壁あたりを重点的に狙い続けた。

すると

どっかーーん!!

のったぜ、のった!!

お魚さんが食ってきたばい!

ギュンギュンとひく魚。

うんうん。

曲がっとるねえ。

いいぞ!博多にわ男!!

今まで費やした6時間の釣れなかった時間を取り戻すのだ!!

心の中では

「お願い・・・真鯛であってくれ・・・。」

と祈っていたのであるが

あがってきたのは、チヌであった。

しかし、なかなか良いファイトを見せてくれた。

強い引きを味わうことができたことと、長時間釣れない時間が続いたこともあり、心の底では相当嬉しいにわ男なのだ。

しかも良型。

全然反応が無い中で、1尾でもつれたのだから、満足だよ。

このあと

同じ場所を何度も探ってみたが、これ1尾で終わり。

今回の釣果。

チヌ(46cm)1尾

アラカブ(29cm 26cn)2尾

で終了。

激シブな状況ではあったが、久しぶりの磯で気持ちの良い釣行であった。

本日もご覧いただき、有難うございました。

生月町沖の中江の島釣行、釣果はあまり良くありませんでしたが、磯の空気を吸うことができ、満足でした。さて、釣好大全九州ではブログランキングに参加させていただいております。下のボタンをクリックしていただき、応援いただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ にほんブログ村 磯釣りランキング
スポンサーリンク
下の『更新通知を受け取る』をクリックしていただくと、最新記事の更新通知をお届けできます。もちろん無料です。って、当たり前だろうがーー!!
おすすめの記事