下の『購読する』ボタンをクリックしていただくと、更新の通知をお届けできます。よろしくお願いいたします。もちろん無料です。(当たり前だろうがーー!)

親父の記憶 VOL.5 雑煮の話。

一年の始まりには台所に立つ親父。

普段は台所に立ち入ることなど、ほぼなかった親父。

ザ・昭和の父親像。男子厨房に入るべからず、の世界である。

現代においては、こんなことを言おうものなら、時代錯誤だとお叱りを受けそうな感じだ。

ただ、そこはザ・昭和の田舎家庭。親父が台所に立つ姿など、ほとんど記憶にない。

ところが

そんな親父が、年に一度だけ、他の者に台所への立ち入りを禁じ、早朝から炊事を始める日があった。

元旦である。

雑煮を作る仕事は、誰にも譲らなかった。

何故ここまで雑煮にこだわっていたのかは、今となっては定かではないが、断固として自ら作っていた。

もちろん、今年の元旦も雑煮を作った。

この雑煮が天下一品!!

よその家や飲食店でも雑煮を食したことはあるが、親父の雑煮にはかなわない。

贅沢雑煮だから美味いのは当然なんだが。

親父の雑煮は具が贅沢である。

汁のベースは醤油味なのだが、放り込む具が

白菜や人参、その他うちの畑でとれる沢山の野菜、海老、イカ、数の子、ブリ、鳥のモモ肉等など、ありとあらゆる出汁がでそうな具材を入れるのだ。

いろんな出汁がとけこんで、そりゃあ美味いに決まってるのだ。

これらの具を早朝からコトコトと煮込んで、雑煮の汁を作るわけだ。

それは、表現できないほどの出汁の味が、奥深い味わいになる。

餅も当然、年末に自宅でついた餅だ。

不味いわけがない。

正月に家族全員が楽しみにしていた逸品なのだ。

誰が再現できるのか・・・。

親父が早朝から作っていた雑煮。

今後誰が再現できるのか・・・。たぶん、難しいな・・・。

だって、誰も作るところを見てないのだから。

調味料に何をどのくらい使っていたのか、全くわからない。

来年の正月は、雑煮の楽しみがなくなってしまった・・・。

しかし

少しずつでも、親父の味に近づいて、再現できるように、試行錯誤してみたいと思う。

ああ

あの雑煮がもう一度食いたい!

本日もご覧いただき、有難うございました。

あの味をもう一度!再現するぜ!!さて、釣好大全九州ではブログランキングに参加させていただいております。よろしければ下のボタンをクリックしていただき、応援いただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ にほんブログ村 磯釣りランキング
スポンサーリンク
おすすめの記事