エサ取りが木っ端グロという状況に苦しむ。

さらに高い気温と湿度がメンバーの体力と気力を奪う。

時折、にわ子の悲痛な叫びが。

暑い~。

きつい~。

緊急用に持参したパラソルが役に立った。

チャラン棒を磯に打ち込み、パラソルを固定。

これで小さな日陰ができる。

飲料水も過剰消費。

い、い、磯が燃えとるやんけ!

それくらい暑かった。

にわ男とにわ子はほぼダウン状態。

体力の無さと、W氏との体力差を思い知る。

日頃の鍛錬が必要ですな・・・。

にわ男とにわ子がバターのように溶けてなくなっている中、W氏はめげない。

強靭的な肉体の持ち主である。

なんでも普段は灼熱の中にあっても、夕方まで釣るそうである。

スゴ過ぎる!!

しかし、ワシはそこまでの忍耐も体力も持ち合わせていない。

船長に午後1時30分の回収をお願いする。

残り時間はあとわずか。

W氏は竿を振り続ける。

にわ男とにわ子は座り込む時間が多くなってきた。

午後1時、納竿。

結局、三人ともギリギリまで粘ってみたが、釣果はいまひとつ。

W氏は大型のイスズミを数尾かけたものの、狙いのクロは足裏サイズを数尾。

にわ子は36cmの尾長をゲット。

やるねえ。

また今日も一番やんけ。

にわ子のドヤ顔が浮かぶ。

にわ男は34cmのクチブトをゲット。

それ以外は木っ端のみ。

しかし、その他よその釣果をみても、まずまず良かった方だと船長。

帰りの船の中は、三者三様の姿。

バテバテのにわ子とにわ男とは対照的に、爽やかなW氏。

尋常じゃないな、この体力は。

にわ男よりも年上だぜ!

まあ、にわ男の体力が無さ過ぎるという話しもあるが。

夏の磯場は逃げ場がないからな。

気を付けないと大変なことになるべ。

曇っていたから、日差しがないからと油断していたにわ男。

帰港してから、なにやら顔がピリピリと痛い。

潮のせいだと思っていたが、自宅に戻ってびっくり!

このように、ヒドイ状態になっていた。

皆さん、日焼け止めを塗りましょう。

いつも応援有難うございます。よろしければ応援のポチッとクリックをお願いします。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします。

最新情報をお届けします

おすすめの記事