下の『購読する』ボタンをクリックしていただくと、更新の通知をお届けできます。よろしくお願いいたします。もちろん無料です。(当たり前だろうがーー!)

佐賀県唐津市呼子町に誕生したリノベーションカフェ。

町家の趣を活かしたくつろぎ空間。

本日は親父の思い出記事を一旦休憩して、佐賀県唐津市呼子町で出会った素敵な癒し空間をご紹介。

何気なく向かった呼子。

特に目的があったわけではない。

ぶらり・・・である。

呼子の町は古い漁港の原風景がそのまま残り、観光と共存している良い町だ。

名物としては、『イカの活きづくり』や『呼子の朝市』がある。

道端ではおばちゃんたちが、イカの一夜干しをメインに、魚の干物などを売っている。

なんだか癒される町なのだ。

そんな呼子で、あれ??これなんだ??こんなのあったっけ??

と思うお店が出来ていたので、立ち寄ってみた。

漁港の街並みにあって、ひと際新しいので、いやがおうにも目にとまる。

見ると、ゲストハウス&カフェダイニングとある。

おお!!呼子にもこんなお洒落な施設ができたのか!

気になる・・・どうしても気になる・・・。

ならば入ってみようではないか。

白壁の空間を抜けると、カフェの入り口がある。

人の良さそうなイケメンマスターが出迎えてくれる。

おお!なかなか良い雰囲気ではないか。

なんでも、築100年を超える町家をリノベーションして、カフェとゲストハウスに造り直したそうだ。

確かに、天井の梁なんかは、年月を蓄えた表情である。

屋号の由来。

屋号である『百と十』の由来は、もともとこの建物は『万十屋』というお店だったようだ。

そこを譲り受けたマスターが、この万十屋の「ま・ん・じゅう」を活かして10010、つまり、百と十にしたそうだ。洒落とる~!!

ゲストハウスは先ほどの白壁の通りの奥にあり、客室はゆったりの2部屋。

見せていただいたが、にわ子が「ここに住みたい」と言ったほどだ。

我々、小市民には無理だぞ。にわ子。

住むためには家賃を何十万円と支払わなければならんぞ。

カフェでいただいた濃厚プリン。

というわけで、我々小市民はアイスコーヒーとプリンをいただいた。

マスター手作りの美味しそうなスイーツがずらりである。

アイスコーヒーも、丁寧にドリップしたコーヒーをアイスにしてくれるので、とても香りが良い。

そして

このプリン。

かかっているカラメル?というかプリンソースというか、これが美味いのだ。

ちょっと大人の味だな。おそらくシェリー酒か何かが入っている。(味音痴なので、定かではないが)

美味しいコービーとプリン、そしてこの風景。

時間の流れを忘れさせてくれる空間である。

外を眺めていると、七ツ釜を遊覧する『イカ丸』や海中展望を楽しめる『クジラのジーラ』等も通って行く。何とも癒されるのだ。

夜には宿泊客のダイニングスペースになるようだ(もちろん、一般客も大丈夫)。

お酒もしっかりと置いているので、夜は夜で楽しめそう。

本来ならばゆっくりとゲストハウスに泊まって、美味しい料理と酒で時間を過ごすのが良いのだろうが、今回は我慢である。

呼子には初めに記した、朝市もあるので、ゆっくり楽しんで、翌朝に朝市というパターンもいいかもしれない。

お気に入りになりそうな場所を発見できて、ラッキーである!!

本日もご覧いただき、有難うございました。

こんな空間があると、嬉しくなりますね。さて、釣好大全九州ではブログランキングに参加させていただいております。よろしれければ、下のボタンをクリックしていただき、応援いただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ にほんブログ村 磯釣りランキング
スポンサーリンク
おすすめの記事