嘆かわしい。実に嘆かわしい。

馬渡島到着後、その嘆かわしい出来事は起こった。

この日は、さすらいの上物師W氏とその釣友であるMr.晴気氏とともに、佐賀県の馬渡島の波止場へ、お気楽釣行をしようということになった。

W氏とMr.晴気氏は馬渡島の波止場へ行くのは初めてとのこと。

是非、良い釣果をたたき出してもらいたい。

さすらいの上物師W氏は、当ブログの『燃えよ釣魂』シリーズの主役であり、何度も登場いただいている。

Mr.晴気氏はW氏の釣友で、晴気エリアをホームグラウンドにする、これまた生粋の上物師である。

この日の定期船乗り場は釣り人で満員。

すごい人数だ。

こんなに沢山の釣り人がこの乗り場に集結している光景は、初めて見た。

これ乗れるんかいな・・・。

まあ、しかし、気分は上々である。

釣り人たちのタックルをみると、どうやらほとんどがヒラマサ狙いのようである。

皆、ぶっとい竿を用意している。

青物の回遊は活発なようで、口々に情報を交換しあっている。

ワシらの狙いはあくまでもクロ。

ヒラマサ狙いの方は、東波止に行くので、ワシらが釣り場としている大波止には釣り人は少ないはずである。

なんとか全員の道具を定期船に積み込み、いざ馬渡島へ。

W氏は当然、燃えているのである。

堤防とはいえ、30cmオーバーが狙える場所。

特にクロ釣りに良い場所は、大波止のヘリポート部分の先端。

沖の潮目に少し遠投すれば、良型のクロやイサキが食ってくる。

是非、この場所で、初めてのW氏とMr.晴気氏には爆釣してもらいたい。

そう、イメージは爆釣である。

馬渡島に到着。

港に到着後、にわ子が道具をもって、ワシより先に大波止のヘリポート先端部分を目指す。

釣り人が予想よりもはるかに多かったので、心優しいにわ子は、初釣行の二人に良い場所をと、重い荷物を抱えてダッシュしてくれたのだ。

おおお!!

いいとこあるやん、にわ子。

いい子、いい子。

ワシは残りの荷物と、港のおばちゃんたちに清掃料を支払い、後発でお目当てのポイントを目指す。

ヘリポートの先端部は幅が10mもないので、釣りができるスペースはせいぜい3人まで。

なので、W氏とMr.晴気氏、そしてにわ子が竿を出せば満員状態になるので、ワシは内海側で釣ろうと思っていた。

荷物をヘリポート部分に荷揚げして、内海側でワシが竿を出していると、しばらくして、にわ子が怒りながらやってきた。

普段、めったに怒らないにわ子が怒っている。

ルールを守らない釣り人は即刻釣りをやめるべし!

にわ子が怒っている理由はこうだ。

荷物を運び、先端部のポイントにバッカンなどの荷物をおいて、3人分のスペースを確保していた。

そこへ年配の釣り人がやってきて、何食わぬ顔をして場所を占領してしまったというのだ。

「ここは3人いますので、これ以上は入れないと思いますよ。」

とにわ子が優しく言うと

「ワシらはかご釣りやけん、関係ない。」

と言い放ったそうだ。

そしてまたこれ、何食わぬ顔をして、ボチャンボチャンとかご釣りを始めたのだ。

狭いスペースで釣りをしていたにわ子たちは、竿も振り出すスペースがなく、釣りができなくなってしまったというのだ。

ワシも長幼の序は理解しているし、先輩方々は敬うべきであると思うが、はっきりと言おう!

ルールすら守れないかご釣りジジイたち!

おまえら即刻、釣りをやめろ!!

自分のことしか考えられないのであれば、ひとりで家の中でじっとしてろ!

汚い言葉を使い、申し訳ない・・。

はしたない言葉を使い、申し訳ないと思うが、これはイカンだろう。

ここはおまえたちの港ではない。

先客がいるのであれば、

「ここ入ってもいいですか?」

と声をかけるとか、

スペースが空いていなければ、当然、他の場所へ移るべきだ。

それを無理やり割り込んで、他の釣り人に迷惑をかけるというのは、論外である。

しかし、嘆かわしいことに、こういうやつらはわりといるんだな・・・。

もちろん、気持ちよく声をかけあい、ルールをきちんと守っている釣り人がほとんどであるが、一部のこういった人間(こういうやつらに釣り人という言葉を使いたくない)がいると、本当に幻滅してしまう。

楽しいはずの釣行も、一気に興ざめである。

結局、何を言っても、このジジィどもは、耳をかさないものだから、にわ子たちは諦めて他の場所に移ったのだ。

頼むから、もう二度と竿を持たないでくれ。

本日もご覧いただき有難うございます。

一部、不適切な表現があったかもしれませんが、ご容赦ください。しかし、にわ子は本当にライダーキックをくらわせたいくらい、悔しかったと思います。釣好大全九州はブログランキングに参加しております。よろしければ下記のボタンをクリックしていただき、応援してください。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ にほんブログ村 磯釣りランキング
スポンサーリンク
下の『更新通知を受け取る』をクリックしていただくと、最新記事の更新通知をお届けできます。もちろん無料です。って、当たり前だろうがーー!!
おすすめの記事