樺島の鳶は餌に困らない?

こんな数の鳶、見たことがない。

長崎県の野母崎から樺島へ、漁港見学。

釣り人もたくさんいる。

この日は伊王島から野母崎、そして樺島へと見学コースをとった。

伊王島はの波止場は雰囲気があり、釣り人もたくさんいたので、釣れそうな感じだったのだが、車を駐車するスペースがない。フェリー乗り場の駐車場はあるのだが、基本的に釣り人の駐車はできないようだ。

皆どこに車とめてるんだろう・・・。

そんなことを思いながら、野母崎方面へ。

野母崎あたりは、釣りができそうな波止場がいくつもあり、いい雰囲気。

そしてそのまま樺島へと向かったのだが、樺島の港でワシらは驚愕の風景を目にすることとなる。

まずはこの写真をご覧あれ。

すんごい数の鳶!

しかもどの鳶も一方向をじっと見ている。

何だ?何だ??

いったい何が起こるのだ?

この鳶の数は尋常ではないぞ。

鳶たちは順番に海へダイブし始める。

観察していると、鳶たちが順番に海へとダイブし始めた。

おおお!!

何だ??

餌をとっているのかな・・・。

よ~く観察していると、何かを掴んで口に運んでいる。

パッと見にはわからなかったのだが、海面付近を注意深く見ていると、キラキラと光る魚体が見える。

イワシかキビナゴか、種類は判別できないが、とにかく小さな魚がワシャワシャしている。

鳶たちはこいつらを狙っていたのだ。

瞬間的に足を海に着けて、これまた瞬間的に小魚をわし掴み。

そして口ばしを足に器用に近づけて、小魚を口に入れている。

これら一連の動作をものすごい速さで行い、また次の鳶が海へダイブするという繰り返し。

凄い!!

目の前でこんな数の鳶の狩りを見ることができるとは。

しかもこれだけの数がひとつの場所に集まり、順番に狩りをしているということは、鳶たちはここに餌がくることをわかっているとしか思えない。

まさに野生の神秘である。

こんなに沢山の小魚が入ってくるのだから、きっとここの鳶は餌に困らないだろうな・・・。

それだけ海が豊かである証拠か。

そんなに豊かな海であるならば、いつかはこの樺島で魚釣りをしてみたいなあ。

どんな魚が潜んでいるのか、ワクワクするぞ。

野母崎と樺島、待っとれよーー!!次は魚釣りにくるぞーー!!

本日もご覧いただき、有難うございました。

これだけの鳶がいると、恐ろしくて近寄れませんでした(笑)。さて、釣好大全九州ではブログランキングに参加させていただいております。よろしければ下のボタンをクリックしていただき、応援いただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ にほんブログ村 磯釣りランキング
スポンサーリンク
下の『更新通知を受け取る』をクリックしていただくと、最新記事の更新通知をお届けできます。もちろん無料です。って、当たり前だろうがーー!!
おすすめの記事